養殖マグロとぱっちん止めの女の子

c0073633_1918936.jpg
c0073633_19182186.jpg
3日(金・祝)、飛鳥祭2日目。収穫祭には今年も長蛇の列。写真上、試食用養殖マグロ。写真下、脂が乗っています。フリーマーケット、さとやま文庫は朝からどれでも1冊50円。2日間売って、10箱が6箱になって終了。打率4割ならまずまずか。『アクアライフ』『キンダーブックしぜん』よく売れました。ありがとうございました!

   ◇

店番をしていると、通路をいろんな人が通り過ぎる。ダックスフンドを連れた中年の奥さんが左から、2歳くらいの女の子を連れた若いお母さんが右から。真ん中でばったり、「いやー、来てはったんー」「こんにちはー」と。ご近所のお知り合いらしい。ご挨拶は?と促されて、女の子、恥ずかしそうにお母さんの後ろに隠れる。
奥さんとお母さんは立ち話を始めた。女の子はだんだん緊張がほぐれてきた様子。目の前をちょろちょろしているダックスフンドをじっと目で追っている。お母さんが気付いて、ちょっと背をかがめて、(よしよししてごらん?)とささやく。女の子、手を引っ込めて、ママの足に背中をぎゅーっと押し付けている。それでも、もう、犬のことが気になって気になって、犬以外は何も見えない状態。
そうこうしている間に、立ち話が終わった。それではまた、と挨拶をして、奥さんは右へ、お母さんは左へ。さ、**ちゃん、行こうか。お母さんに抱き上げられた女の子、「あーあ、あー」と犬の方に両手を差し伸べて、そのまま抱っこされて向こうへ行ってしまった。
おかっぱの前髪を、ぱっちん止めで横分けにして。林明子の絵本から抜け出てきたみたいな、女の子だった。
Commented by tin_box at 2006-11-05 21:58
どうと言うことない情景のようですが、なんとなく、微笑ましく目に浮かびます。
Commented by konohana-bunko at 2006-11-06 18:59
本当に。なぜか、印象に残りました。
by konohana-bunko | 2006-11-05 19:19 | 日乗 | Comments(2)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧