回転ずしの日々

c0073633_234112.jpg
12月に入ってからは、職場にもいろいろ作業が舞い込んで、回転ずしのベルトコンベヤに乗っているような毎日。めまぐるしいというほどでもないけれど、でも結構あっという間に1周、また1周、うかうかしとったら乾いてしまうデ、というような……。

15日(金)、朝、雨がやんで明るくなる。職場でメジロの群れを見る。クスノキの枝で何かをついばみながら、どんどん移動してゆく。色といい姿といい、木の葉に羽が生えて動いているよう。ジョウビタキもいた。メジロに負けずに間断なく鳴いていた。メジロやシジュウカラに比べると、ジョウビタキが大きな鳥に見えてくる。
帰りがけにはツグミもいた。ツグミはよく芝生の上を早足で歩き回っているが、この日は木に止まっていた。

16日(土)はかばん関西の歌会。今回は平たいことばづかいながら意味が難解な歌が多く、読みに苦闘する。

電車の行き帰りに串田孫一を読む。まず『野兎の眼』、次に『荒野の竪琴』。

鹿もすっかり冬毛。国立博物館の平常展も見に行きたいなあ。
by konohana-bunko | 2006-12-16 23:04 | 日乗 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧