読書の記録 如月

c0073633_2159955.jpg
『“手”をめぐる四百字 文字は人なり、手は人生なり』  季刊「銀花」編集部編
『鳥と語る夢』  串田孫一
『エミリー・ザ・ストレンジ』  コズミック・デブリ作 宇多田ヒカル訳
『attention No.1 2007新春』  real arena
『魚釣り、三輪車、でんぐり返し 子供たちが教えてくれたこと』  マーク・ペアレント
『小鳥はなぜ歌うのか』  小西正一
『さおり トニーの冒険紀行 ハワイで大の字』 小栗左多里
『まだ見ぬ書き手へ』  丸山健二
『戸塚閑吟集』(歌集)  岡部桂一郎
『ただごと歌の系譜』  奥村晃作
『この国のかたち 六』  司馬遼太郎
『おじいさんの思い出』  トルーマン・カポーティ 村上春樹訳 山本容子銅版画

正選『まだ見ぬ書き手へ』、逆選ならぬ落選『おじいさんの思い出』。

以下、『この国のかたち 六』の、「街の恩」より引用。

私にとってそのころ(引用者註:昭和22年頃から28年頃までのこと)の京都は、焼けていない――つまりは文化が継続している――ということで、誇張ではなく、宝石のようにかがやいていた。大阪から六年間かよったが、毎日、京都駅に降りたつと、旅行者のような新鮮さで、駅前の建物や停留所や市電の景色を見た。言いかえれば、それほど、大阪という焼跡のまちは殺風景だった。(p154)

大阪から京都へは、冬は国鉄を利用し、春は京阪に乗り、秋は阪急に乗った。菜の花のころは、奈良の西大寺駅までゆき、当時奈良電とよばれていた電車に乗り換えて京都へ行った。物のない時代だったが、電車だけは活潑にうごいていた。たいていの運転士は、復員者だった。(p155-156)

ああ、菜の花。
by konohana-bunko | 2007-02-28 21:41 | 読書雑感 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧