ウの下に名

c0073633_214522100.jpg
朝の通勤電車、隣に座った高校生の男の子。ラグビー部の大きなボストンバッグを床に置き、膝の上にノートを広げて、英語の単語を書き始めた。部活が忙しいから、電車の中で勉強かあ、えらいなァ……と、つい、手許を覗き込む。

passenger 乗客
customer 客

つづりはばっちり。「客」という字が全部、「ウかんむり」に「名」になっている。微妙だ……!



で、自宅で息子1号2号との会話。
1号「ガンジーって、ドイツ統一の(ために働いた)人やんなあ?」
母「ガンジーはインド独立の父やー。ベルリンの壁崩壊はやナ、ゴルバチョフのペレストロイカがやなぁ」
ゲームに興じていた2号「え。『ペレストロイカ』って、呪文?」

ゴルビーは
ペレストロイカを となえた!

壁が くずれた!

違うやろ!
Commented by つぼ at 2007-03-23 09:11 x
いいねぇ。2号。
でも呪文みたいなものかも。
Commented by konohana-bunko at 2007-03-23 20:03
楽しいです。しかしもう高2中2やと言うのに……。
by konohana-bunko | 2007-03-21 21:46 | 日乗 | Comments(2)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧