ゴミを宝に

c0073633_21351555.jpg
職場のゴミ置き場で分厚い本の小口が目に入り、拾う。『目撃者 近藤紘一全軌跡1971~1986』。このままゴミにされては可哀想なので、連れて帰ることにする。ぱらぱらしてみる。短いエッセイが面白そう。でも電車で読むには重いかなあ。家で計ってみたら768gあった。

で、その仕事帰りに、この間奈良公園に行った時、古本屋さんには寄らなかったことを思い出す。思い出したら無性に行きたくなった。お天気もよかったので、西大寺から奈良行きに乗り換える。まっすぐ智林堂さんに行って、『木に縁りて魚を求めよ』林和清 を買う。これ、もう3回くらい、手に取っては棚に戻し、また手に取っては戻ししていたもの。文字がうつくしくて、読みやすい。でも他の本の文字とどこが違うかがよくわからない。(造本・装幀 間村俊一。)
拾った本と買った本を鞄に入れたら、鞄、重い……。急に疲れが出てきて、そのままどこへも寄らず駅へ。

帰りの電車の中で『ゴミを宝に!』(チチ松村)読了。自転車「宮田五郎兄さん」命名の秘密がすてきだった。

写真上、タイリクバラタナゴ。下、シロヒレタビラ。これからの季節、タナゴの仲間は婚姻色が出てきれいになる。
c0073633_2135397.jpg

Commented by 通りすがり(毎日) at 2007-03-29 22:38 x
ヘチャコですね。釣り針を木綿糸で結んで小石をおもりにして浮きは枯れ木を10cmくらいに切って結びました。さおは付近の小さな竹・・しのだけ? 小学校低学年で覚える最初の「釣り」でしたね。その次は割りビシやテグス、赤白の丸浮きで、シマミミズを掘ってため池のフナを釣るんです。なつかしー。
Commented by 通りすがり(毎日) at 2007-03-29 23:02 x
あ、ヘチャコはごはんつぶ1個でつれました。色のついたのはよめさま。ついてないのはあんさま。よめさまの方が少し大きかったですかね(^^)
Commented by 亮月 at 2007-03-30 13:48 x
こんにちは、林さんの第二歌集買われたんですね。
実は私も持っておりません。学生のときは二、三千円の本は高くて手が出なかったのです、林さんには申し訳ないけれど(^_^;)
あるところにはあるものなんですねえ。ネットで探してみようと思います。

『匿名の森』は倉本修さんという装丁家だそうです(装丁のほう、詳しくないんです、こちらで勉強させてください)。読みやすいという気はしないけれど、夜の静かで透き通った感じがします。
間村さんの装丁による『麒麟騎手』(塚本先生のサイン入り☆)を持っていますが、フォントがすっきり美しいですね。
こんな雰囲気なのだろうかと想像しています。
(しかし中扉が『麒麟旗手』になっているのが、どうも気になります、この本;;;)
Commented by konohana-bunko at 2007-03-30 16:34
毎日さま ヘチャコと呼ぶと親しみがわきそうですね。「よめさま」「あんさま」という呼び分け、実は派手なのはオス、という逆転ぶりも楽しいです。

亮月さま
>学生のときは二、三千円の本は高くて手が出なかった
同じです、同じです。あの頃の反動で、今、100円200円の駄本を買って喜んでいるのかも。
塚本邦雄全集の装幀、間村俊一さんだったような気がするのですが、持っていないので確かめられません。間違っていたらごめんなさい。
Commented by つぼ at 2007-03-30 22:13 x
タナゴ飼ってるんですか。きれいですねぇ。私も飼いたいな。
Commented by konohana-bunko at 2007-03-31 21:10
つぼさま 上はうちの水槽、下は職場の水槽です。シロヒレタビラは学生さんにも人気があります。
Commented by nara-chirindo at 2007-03-31 22:27
ご来店ありがとうございました。
ご自宅の水槽、猫ちゃんにいたずらされませんか?
うちの金魚、ザリガニ達はいつのまにやら全滅です。
Commented by konohana-bunko at 2007-04-03 18:12
智林堂さま この日はご挨拶もせずで失礼いたしました。また寄せていただきます。うちの猫は、生きて泳いでいる魚にはあまり興味がないようです。食い気ばっかりですね。(^^;)
by konohana-bunko | 2007-03-29 21:37 | 日乗 | Comments(8)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧