読書の記録 弥生

c0073633_1861925.jpg
あら。10冊と読んでいなかったか。買うのはちょこちょこ買っているし、読みかけで持ち越しているものもあるので、4月はもうちょっと読めそう。

『雁之食』 葛原妙子歌集
『俳句という遊び ―句会の空間―』 小林恭ニ
『連句のたのしみ』 高橋順子
『連句をさぐる 伝統文芸との接点』 近松寿子
『ゴミを宝に!』 チチ松村
『現代連句入門』 山地春眠子
『雑巾と宝石 手塚治虫全集258』 手塚治虫

正選は葛原妙子、高橋順子。逆選なし。

ベランダを片付けていたら、ヤモリが。つかまえたら指をかぶられた。歯がないから、いっこも痛くない。
Commented by 通りすがり(毎日) at 2007-04-03 19:54 x
「こりゃ! ヤメリっちゅね・・」 ちゅーてまっせ(^_-)-☆ 
Commented by きみょんっち at 2007-04-03 23:27 x
かわいいっ!!
かわいすぎっ!
指を一生懸命に(彼なりに)広げてるとこが最高!
・・・やわらかそうやなあ。
Commented by konohana-bunko at 2007-04-04 09:50
持った感じ、ひんやりして、羽二重餅みたいでした。
Commented by きみょんっち at 2007-04-04 22:33 x
羽二重餅・・・なんかごっつうわかる!!
なかにアンコ詰まった「おたべ」とか?
by konohana-bunko | 2007-03-31 18:06 | 読書雑感 | Comments(4)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧