俵屋宗達のひらひら

c0073633_2213049.jpg
昨夜はすごい雷、雨。雷はいきなり「バァアアアアァン」だった。近すぎる。
雨が続いて、洗濯物を乾かすこと、雨の合間に買い物に行くことを中心に数日を過ごす。歯医者さんにも。歯磨きの指導を受ける。歯磨きは本当に難しい。
司馬遼太郎の小説『大盗禅師』を読む。小説は、久し振り。3分の2くらいまで来た。最初はいっこもおもろなくて往生した。誰に感情移入してええのか、わからへん。それがあるところから、急に話が生き生きと動き出した。こうなればしめたもの。
『大盗禅師』の表紙は、俵屋宗達の「舞楽図屏風」の一部を使っている(装丁:斉藤深雪)。舞楽を踊る人の長い裳裾が、風神雷神のあのひらひらした領巾みたいな線で描かれている。風間完もいいけれど、こういうのも合うよナと思う。

歌をぼりぼり書きたい。
by konohana-bunko | 2007-07-17 22:01 | 日乗 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧