読書の記録 霜月

c0073633_2248744.jpg
『旅猫 フォト&エッセイ』  新美敬子  講談社文庫
『富貴の人』  鍋井克之  小山書店
「別冊 美しい部屋 和風が暮らしいい。特別編集 心地よい道具と暮らしたい。」  主婦と生活社
『この国のかたち 四』  司馬遼太郎  文藝春秋
「福井市立郷土歴史博物館 研究紀要 第8号」  福井市立郷土歴史博物館
『味覚歳時記 木の実・草の実編』  塚本邦雄  角川選書
『幕末歌壇の研究』  森敬三  楽浪書院
『酸つぱい月』(歌集)  尾崎まゆみ  砂子屋書房
『岡井隆の短歌塾 入門編』  岡井隆  六法出版社
『花のレクイエム』  辻邦生・山本容子  新潮文庫
『ちいさいみちこちゃん』  なかがわえりこ・やまわきゆりこ  普及版こどものとも
『永遠に来ないバス』(詩集)  小池昌代  思潮社
『近世歌人の思想 和歌における人間回復の課題』  玉城徹  不識書院

正選『近世歌人の思想』。とにかくざーっと読んだだけだけれど、まだ頭の中がごわーんごわーんと鳴っている感じ。また、書きます。『ちいさいみちこちゃん』は、1972年の絵本の復刻版。『いやいやえん』のゴールデンコンビ。逆選……『花のレクイエム』は、文章より山本容子の銅版画が、よかった。
by konohana-bunko | 2007-12-02 22:48 | 読書雑感 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧