読書の記録 睦月

c0073633_2264464.jpg
『花柄』  魚村晋太郎 砂子屋書房
『セレクション歌人 番外 藤原龍一郎集』  藤原龍一郎  邑書林
『江戸時代 人づくり風土記 18 福井』  農山漁村文化協会
『やきもの鑑定入門』 出川直樹監修  芸術新潮編集部編  新潮社とんぼの本
『イラスト 里山の手入れ図鑑』  中川重年監修  社団法人 全国林業改良普及協会
『仏壇におはぎ』  武田花  角川春樹事務所
『子規――活動する精神』  玉城徹  北溟社
『めっきらもっきら どおんどん』  長谷川摂子作 ふりやなな画 福音館書店 こどものとも傑作集
『藤子・F・不二雄 少年SF短編集=1』[未来ドロボウ]  小学館コロコロ文庫

『人づくり風土記 福井』はルビ付き、小中学生向きの本。橘曙覧の資料として。曙覧さんの扱いは何だかなあ。挿絵も……オリジナルの絵もいいけれど、昔の肖像画も入れた方がよかったんじゃないだろうか?こども時代に最初に見た「人物像」って印象強いから。
紙や鎌などの産物、笠原白翁や由利公正なんかがくわしく出ている点はよかった。
by konohana-bunko | 2008-02-08 22:06 | 読書雑感 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧