心に通ずる道は

c0073633_21424271.jpg
「心に通ずる道は胃袋を通っている」と書いたのは開高健。鹿の心にたどり着くには四つの胃を通過しなければならない。鹿せんべいは150円があっという間になくなって、心が通う前に鹿は立ち去ってしまう。キャベツの芯だとひととき立ち止まってくれるけれど、野菜は水分が多すぎて鹿の胃腸にはよくない由。そこに智林堂さんからの情報、「鹿寄せではドングリを食べさせている」。これや!職場でスーパーのレジ袋いっぱいにドングリを拾い、飛火野へ。胡散臭げな顔をした鹿に、ドングリを載せた掌をうやうやしく差し出すと、食べた。

ぼりっぼりっぼりっぼりっぼりっ

歯のいい人がおいしそうにおかきを食べているような、音。音。食べ終わってもしばらく佇んで、写真撮影にも応じてくれた鹿大兄、ありがとう。
Commented by nara-chirindo at 2008-02-26 08:14
どアップの撮影、大成功ですね!
眉間の毛の流れまでもが鮮明に。
それによく見たら鼻の黒くて固いところにも毛が生えてるんですね〜。
面白いです。
どんぐりの食べっぷり、あの音、気持ちいいですよね。
Commented by konohana-bunko at 2008-02-26 22:50
ちりんどうさま おかげさまでうまくいきました。また拾ってきます。(^^)鼻の頭の毛!ほんまですねえ。見ているようで見えていないものっていっぱいあるんですね。
Commented by peartree812e at 2008-02-28 23:24
これや!^0^

鹿さんの大アップ。

フムフム、鹿寄せには”どんぐり”なのかあ〜。。。

はじめまして、マグノリアと申します。
鹿さんの写真探してて、たどり着きました^^/””
Commented by konohana-bunko at 2008-02-29 21:43
マグノリアさま 鹿写真お気に召していただけてうれしいです。除雪車、格好いいですね。
Commented by かねちょも@100ほん at 2008-03-01 17:51 x
この鹿はしゃべる鹿でした?
あした、奈良のカフェsampleさんで、サブカル系の古本やなんかの蚤の市あるそうです。
しかしながら、我が家はムスメのお誕生日会です。その節は、すてきな贈り物をありがとうございました。いっぺん持たせてみたいです、いろえんぴつ。えへへ。
Commented by konohana-bunko at 2008-03-01 20:07
かねちょもさま お嬢さまお誕生日おめでとうございます☆もう4段目まで手が届くようになりはったんですねえ。
お知らせ、いつもありがとうございます。行けるといいなあ。

Commented by konohana-bunko at 2008-03-03 20:51
しまった……まず「そんな鹿おれへんやろ~」と書くべきでした。無念。
by konohana-bunko | 2008-02-24 21:42 | 日乗 | Comments(7)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧