鳥雲に

c0073633_22195719.jpg
モグラよけの風車。紅白に塗り分けた木製の既製品もよく見かける。

某日、久し振りに大阪へ出て、本を買って気散じをする。『定家明月記私抄』堀田善衛(函帯元パラ付)、「本とコンピュータ」創刊号(帯付、だけどよれよれ)、『望遠鏡』萩原葉子(新版帯付)など、など。重いの提げて歩いて、ああせいせいした。
c0073633_22222558.jpg
小学校のそばの池には、もうカモがいない。スーパーの近くの古池には、たくさん集まっていた。もうあと何日もしないうちに飛びたつのだろう。
by konohana-bunko | 2008-03-29 22:22 | 日乗 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧