曇天の花 薬師寺

c0073633_2295584.jpg
最近うれしかったこと。天地さんの均一台で『SHAKESPEARE BIRTHDAY BOOK』を見つけたこと。365日の1日毎に、シェイクスピアの文章(それも、かなりシニカルな傾向のもの)が割り振られている。奥付に「新潮世界文学発売記念 非売品」とある。編者は福田恆存。

写真は薬師寺で咲いていたオオヤマレンゲ。タイザンボクを小さいお姫様にしたような、おとなしげな花。薬師寺の日光月光菩薩は東京の博物館に出張中とあって、本尊薬師如来の両脇には実物大の画像の幕が飾られていた。
Commented by アゲハ at 2008-05-13 08:58 x
んまぁ!うっつくしいこと。

マグノリア系ですかしら。

蓮華っていう名がついてると何かしら厳かな雰囲気ですね。
ありがたくなっちゃいます。
Commented by やまんね at 2008-05-15 22:11 x
上野の博物館で日光菩薩、月光菩薩を拝観してきました。光背が外されて、まろやかな後姿も見せてもらいました。なんともいえない気高さに打たれました。
Commented by konohana-bunko at 2008-05-16 21:43
オオヤマレンゲ、モクレン科です。

仏像を見ると、これをどんな人が、どんな気持ちで作ったのかなあ……と思います。後姿、よいものをご覧になりましたね。
by konohana-bunko | 2008-05-12 22:14 | 日乗 | Comments(3)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧