読書の記録 皐月

c0073633_2232240.jpg
『詩の話をしよう』  辻征夫・山本かずこ  ミッドナイト・プレス
『夢をかなえるゾウ』  水野敬也  飛鳥新社
『曳舟』(歌集)  吉川宏志  短歌研究社
『石榴が二つ』  玉城徹  短歌新聞社
『芭蕉の狂』  玉城徹  角川選書186
『アイデア・ダンプ』  中山マコト  中経出版
『婚とふろしき』(歌集)  池田はるみ  角川書店
『書百話』  榊莫山  ハルキ文庫
『色々な色』  近江源太郎著  ネイチャー・プロ編集室構成・文  光琳出版社
『開高健の前略対談』  開高健ほか  面白半分
『人間の集団について ベトナムから考える』  司馬遼太郎  中公文庫
『サバンナの記録』  梅棹忠夫  朝日選書54

正選『サバンナの記録』と、司馬遼太郎。司馬さんは何がよかったって、中身はあたりまえ、50円だったのがうれしかった。逆選と言うより「面白く読めたけれど理解が及ばなかった」のは『芭蕉の狂』。また何年かしたら、読み返すことにする。

今月は何か「読んだなー」と堪能した気分になった。気になった本については、後日あらためて。
by konohana-bunko | 2008-05-31 22:32 | 読書雑感 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧