読書の記録 水無月

c0073633_10103396.jpg
『パリへ行った妻と娘』  近藤紘一  文藝春秋
『雪沼とその周辺』  堀江敏幸  新潮社
『熊の敷石』  堀江敏幸  新潮社
『古道具 中野商店』  川上弘美  新潮社
『南洋通信』  中島敦  中公文庫BIBLIO war
『樛木』(歌集)  玉城徹  短歌新聞社
『草原の記』  司馬遼太郎  新潮社

おほっ今月は打つのが楽じゃないか。どうした。

久し振りに最近(?)の小説に挑戦。川上弘美は『センセイの鞄』以来。『―中野商店』は、楽しく読めた。川上さんの文章はちょっとくだくだ酔っ払った感じがして、それが気持ちいい時もあるし、たまに面倒くさい時もある。でもこれは大丈夫。最後、意外にハッピーエンドの予感だった。

写真、久米寺のあじさい園にて。
c0073633_10112413.jpg

by konohana-bunko | 2008-07-04 10:16 | 読書雑感 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧