第3回「女子とふるぽん~」寄港市

c0073633_12385713.jpg
ダイバー店内で開く、ガールズ&ミセスのミニ古本市

7月8日(火)~12日(土)11:30~19:30 (土日・祝は18:00まで)

乙女&オトメンの本、懐かしい本、欲しかった本、意外な本…いっぱいの5日間。
(途中で補充あり)
ぜひ、ぜひ、遊びにいらしてくださ~い。
心よりお待ちしております。

今回のご参加は、プロ・アマ問わず次の方々…

★えこし会(江古田詩人会) ★奈良の小さな古本屋 このはな文庫 ★木南文庫(オトメン代表) ★こだぬき書房 ★トカゲ書林 ★ゆず虎嘯(こしょう) ★古本ピックルス
★林檎文庫 ★古書マーメイド

7月10日(木)夕には、えこし会による「朗読&ライア ミニコンサート」もございます。
くわしくはこちら→ブック・ダイバー
 

星に願いを、ひと箱に愛を。 
ステキな本、運命の出会いがありますよーに。




このはな文庫の出品本をいくつかご紹介します。

・これはブックオフでは見かけない(と思うのはわたしだけ?)
→ 佐伯一麦 『蜘蛛の巣アンテナ』

・琵琶湖をフィールドに活躍する里山写真家の意外な特技 
→ 今森光彦 『今森光彦のたのしい切り絵』
お買い上げありがとうございます!

・これ一冊でチョコレートのすべてがわかる(ホンマやで!)
→ 『チョコレートの本』 ティータイム・ブックス編

・序文は養老孟司氏。鎌倉で女医として生きた、氏の母堂の自伝。
→ 養老静江 『ひとりでは生きられない』

・短歌の本もないではない……デス。
→ 『短歌はプロに訊け!』 穂村弘/沢田康彦/東直子
お買い上げありがとうございます!

・インナーマッスル、鍛えてみます?
→ Tarzan別冊「ピラティス道」渡辺真里奈

・雑誌は「本とコンピュータ」創刊号(1997)、「芸術新潮 特集 さよなら岡本太郎」(1996)、英文誌「iichiko」など。

「こどものとも」100円均一あります。お子さま、お孫さまにぜひ……!

この他にも、長新太から見沢知廉まで、
相変わらず何を目指しているのかわからない品揃え(汗)の本が
神保町でみなさまのお越しをお待ちいたしております。
みなさまどうぞよろしくお願い申し上げます!
by konohana-bunko | 2008-07-12 12:29 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧