読書の記録 長月

c0073633_2215016.jpg
『三文紳士』  吉田健一  講談社文芸文庫
『日記をつける』  荒川洋治  岩波アクティブ文庫
『安東次男詩集』  現代詩文庫36  思潮社
「天然生活」  Vol.45 2008.10  地球丸
「ユリイカ」  2003.4  特集 詩のつくり方
『カラスも猫も』  武田花  筑摩書房
『小さなやわらかい午後』  椎名誠  本の雑誌社
『HANDMADE TEDDY BEARS 私のテディベア(4)アレンジ特集』  日本ヴォーグ社
『日本彫刻史』  ラングドン・ウォーナー著  宇佐見英治訳  みすず書房
『第1回 資生堂ギャラリーとそのアーティスト達 没後15年 銅版画の詩人 駒井哲郎回顧展』  資生堂ギャラリー

正選は、文句なしの『三文紳士』と、『日本彫刻史』。逆選は『カラスも猫も』かな。
で、今、ものすごーく面白い本(歌集!)を読んでいる。読み了えたらここに書きたくて、ちょっとうずうずしながら、でも終わるのがもったいなくて、ちびちびページを進めているところ。いずれ、近いうちに。
Commented by あい姐 at 2008-10-02 00:05 x
この本屋さんは…!
夫はよく出没しているはず(笑)
最近、(古)本屋めぐりをする時間が無く、もっぱらネット購入なのが悩ましいです。
ついでにゆっくり読む時間もとれず…ああ、本読みたい。
Commented by nara-chirindo at 2008-10-02 20:11
こ、この本屋さんは…!!
な〜んちゃって。
いつもありがとうございます。
またまたお会いできず残念でした。

あい姐さま、はじめまして。
智林堂書店の者です。
写真だけでわかっていただけて嬉しいです。
またぜひ、ゆっくりじっくりと古本屋めぐりにいらしてくださいませ。
だんなさまにもよろしくお伝えください。
Commented by konohana-bunko at 2008-10-04 22:35
あい姐さま おおそうだったのですか!ひょっとしたらすれ違っているかもしれませんね。

nara-chirindoさま 涼しくなって、歩くのが楽になってきました。また伺います。
by konohana-bunko | 2008-09-30 15:00 | 読書雑感 | Comments(3)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧