夭折歌人集

c0073633_22361896.jpg
9月のいつだったか。上本町の天地さんの均一台を眺めていたら、全集の端本、黒い函の背にある「夭折歌人集」という文字に目が捕まった。正確なタイトルは『現代短歌大系11 新人賞作品 夭折歌人集 現代新鋭集』。
全集本はいろんな意味で重いので、普段はあまり拾わないようにしているのだが、大岡信・塚本邦雄・中井英夫責任編集やし、300円やし、買およ買およ、と頭の中で自分の声がしたので手に持ったままお店に入った。その後店内を一回り、ウォーナーの『日本彫刻史』と合わせて2冊買う。ウォーナーの方は帰りの電車の中で大方読んでしまった。(何せ、1/3は彫刻の写真だったので。)

で、この本は買ったまま数日、本の山の上に放ったらかし。次の休みの日にようやく(そうそう、この本誰だれが載ってんのん)と、目次を開いてみた。
内容は「新人賞入賞作品」「夭折歌人集」「現代新鋭集」3部構成。「新人賞」の部には入賞の石井辰彦、最終候補の岩田憲生を含め26人の名前があがっている。そして残りの2部には、以下の歌人の作品が出ていた。

「夭折歌人集」  中城ふみ子  浜田到  相良宏  岸上大作  小野茂樹  小名木綱夫  杉原一司  杉山隆

「現代新鋭集」  平井弘  清原日出夫  浜田康敬  新城貞夫  村木道彦  福島泰樹  須永朝彦

(「現代短歌の宝石箱や~!」って叫んでもいい?!)と、頭の中で声がする。翌日からずっと、この本ばっかり読んで、ノートに歌を写して、肩凝らして、もうほんま、うれしいてうれしいて。

次のエントリーから、好きな歌を抜き書きしてご紹介します。
Commented by kazuto at 2008-10-10 10:04 x
短歌は初歩的な知識しかありません。この中で知った名前は、中条ふみ子と岸上大作くらい。
Commented by ろこ at 2008-10-10 17:14 x
こんにちは。
本当に「現代短歌の宝石箱や~!」「もうほんま、うれしいてうれしいて」の気持ちよく分かります。
私も5日名古屋の「古本祭り」でたくさん均一本買いました。その中に『葛原妙子』稲葉京子著(本阿弥書店」がありました。今年葛原妙子賞を受賞なさったのは横山未来子さんでしたね。
次回お好きな歌の抜書きを楽しみにしています。
Commented by konohana-bunko at 2008-10-11 17:11
kazutoさま わたしは歌をやる前はこの中の誰一人知りませんでした。(汗)何も知らずに歌の世界にハマった自分は、食パンをくわえて上着を着ながら駅に向かってダッシュしている人みたいなもんだと思っています。(^^;)

ろこさま 古本祭りで『葛原妙子』!いいお買い物なさいましたね。うらやましいです。いい古本を見つけると(よく自分のところに来てくれたなあ)とうれしさもひとしおですよね。
by konohana-bunko | 2008-10-09 22:36 | 読書雑感 | Comments(3)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧