カテゴリ:古本屋さん開業記( 77 )

出発

細く、長く、本と人との関わりを楽しむこのはな文庫になります。
みなさま。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
c0073633_22181987.jpg

未読の本五冊を積めばわが日々はロジェストウェンスキー航海に似る  十谷あとり
by konohana-bunko | 2005-04-19 22:18 | 古本屋さん開業記 | Comments(0)

来たぞ!

総ヒノキの本棚が来た!
c0073633_15551925.jpg

by konohana-bunko | 2005-04-16 15:55 | 古本屋さん開業記 | Comments(4)

あっちへやったりこっちへやったり

売りに出す本の目録を作ろうと思い、エクセルに打ち込む作業をする。いざ表にして並べてみるとこれが何ともとりとめのないラインアップだ。自宅にある本を売ることから始めるのだから当たり前と言えば当たり前なのだが、節操がないというか審美眼がないというか。でも一冊一冊手に取ると(あ、そうそう、これ面白かったんや)(これは何度読んでもええ話やネ)と、思う。誰かに読んでもらえたら、うれしいやろな。本もきっと、喜ぶよね。
打ち込み作業はそんなに苦にならないが、本の入った箱が増えるばかりでちっとも片付かない。あっちへやったりこっちへやったり。衣装ケースに文庫本をぎっちり詰めたのが5個、まだ手付かずで残っている。ええ本、あるかな?
by konohana-bunko | 2005-03-15 16:38 | 古本屋さん開業記 | Comments(0)

奈良県収入証紙

19,000円分購入。
c0073633_191282.jpg

by konohana-bunko | 2005-03-07 19:02 | 古本屋さん開業記 | Comments(0)

登記印紙

引き続き書類の準備。今日は奈良の法務局へ行って「登記されていないことの証明書」をもらって来る。手数料500円。これは現金ではなく、登記印紙というもので支払うとの由。奈良の法務局へ行くのも初めてなら登記印紙を見るのも初めて。思わず記念撮影。(何の記念や。)
c0073633_14495887.jpg

by konohana-bunko | 2005-02-24 14:47 | 古本屋さん開業記 | Comments(0)

蝸牛の如し

古物商の許可申請に必要な書類を準備しよう!ということで市役所へ。住民票(本籍地入り)を一通作ってもらう。200円。あと取り寄せが必要なのは「東京法務局の証明」と「市町村長の証明」。忘れ物はないかな?

K文具さんに「このはな文庫」の住所判の作成を頼もうと原稿を作った。ゴム判はいつもK文具さんで作ってもらう。筆名の判や遊びのはんこを何度かお願いしたことがある。値段もそんなに高くない。出来てきたらこれまたうれしいだろうな。

肝心な本の整理がまだ手つかず。わが歩み蝸牛の如し。毎度のことながら。
by konohana-bunko | 2005-02-23 14:46 | 古本屋さん開業記 | Comments(0)

咲くやこの花

古本屋をしよう。と決めてから数日、どんな屋号にするか考えた。
こういうことを考えている時はとてもしあわせな気分でいられる。
でもいつまでも多幸感に浸っているわけにもいかないので、このはな文庫という屋号に決めた。
「このはな」というのはご存知、梅の花のこと。

難波津に咲くやこの花冬ごもりいまは春べと咲くやこの花 王仁 (古今集仮名序)

今ちょうど、あちこちで咲きはじめている。
by konohana-bunko | 2005-02-18 14:13 | 古本屋さん開業記 | Comments(6)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧