カテゴリ:日乗( 405 )

9月22日

こしらえたもの 肉じゃが 次から味噌汁はもうちょっと小さい鍋で作ろうと思う。
読んでいる本 『オデオン通り』 西原理恵子『この世でいちばん大事な「カネ」の話』

ここ数日こころにかかっている歌。

・苦しくも降り来る雨か三輪の崎狭野の渡りに家もあらなくに  長忌寸奥麻呂
by konohana-bunko | 2012-09-22 23:08 | 日乗 | Comments(0)

9月21日

こしらえたもの 蛸の酢の物 なめこと豆腐の味噌汁
読んでいる本 雅姫『おむすびころりん』 『オデオン通り』
この間えらいことになっていることに気付いた歌をどう直したらいいか思いついた。
by konohana-bunko | 2012-09-21 21:59 | 日乗 | Comments(0)

9月20日

こしらえたもの 今日は特になし 
見つけたもの 彼岸花 もうそのへんで咲き始めている。いつもの年より稲がまだ青い気がする。
読んだ本 『ガンディー 魂の言葉』 
by konohana-bunko | 2012-09-20 23:36 | 日乗 | Comments(0)

9月19日

こしらえたもの クリームチーズサンド。ドライフルーツとナッツが入ったクリームチーズをパンに挟んだだけ。こういうのは料理とは言わないか。でも美味しかったよ。明日も食べるよ。

読んだ本 斎藤学『依存と虐待』
by konohana-bunko | 2012-09-19 23:52 | 日乗 | Comments(0)

9月18日

こしらえたもの 大根と厚揚げの炊いたん(おでんみたいなの) お昼は息子1号が炒飯を作ってくれた。
読んでいる本 今日はあまり本は読まなかった。歌会の詠草を読んだ。謎な歌がいろいろあった。自分の出した歌がえらいことになっていることに今頃気付いた。
by konohana-bunko | 2012-09-18 22:36 | 日乗 | Comments(0)

9月17日

こしらえたもの なめこと豆腐とわかめの味噌汁 もやし炒め

読んでいる本 『オデオン通り』
by konohana-bunko | 2012-09-17 23:20 | 日乗 | Comments(0)

9月16日

こしらえたもの 大根おろしとなめ茸のパスタ

読んでいる本 やなせたかし『ところで、あなたは…?』
by konohana-bunko | 2012-09-16 19:56 | 日乗 | Comments(0)

9月15日

こしらえたもの 粉ふき芋の梅マヨ胡麻和え

読んでいる本 「日月」108号 『オデオン通り』
by konohana-bunko | 2012-09-15 19:00 | 日乗 | Comments(0)

遠花火

c0073633_10484946.jpg
7月31日、マンションの階段を上って桜井のおんぱら祭の花火を見る。
たぶんここから、10km離れていない。
光が開いて、しばらくして、ととん、とん、とん、と音が届く。
風はほとんどない。月が明るい。
ぼんやり花火を眺めて、いい加減な写真を撮って、何とはなしに満たされたような。
by konohana-bunko | 2012-08-03 10:48 | 日乗 | Comments(0)

柿の木

病院に面会に行く。母がエレベーターで病室から降りて来る。扉が開いて母と目が合ったら、もうその時点で、機嫌がいいのか悪いのかわかる。顔だけ見ればそんでええというような面会。会話はする。話は噛み合わないが、噛み合わなければならないというものでもない。噛み合わない方が平和でよろしいという意見も成り立つ。
母がわたしの従妹の名前を出す。その従妹が母の実家に住んでいると言う。それはまず、あり得ないことなのだけれど、逆らう必要もないから、
へえ、そうなん。
といい加減な返事をすると、
「柿の木があったでしょう!あの家よ」と、窘められた。
ああ、あったな、柿の木。
母もまだ覚えていたのか。と思うと、ちょっと目を見開きたくなった。
具体にまつわる記憶というのは強いのかもしれない。そんなことを思いながら帰宅。
by konohana-bunko | 2012-07-19 21:26 | 日乗 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧