<   2005年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

聞き耳頭巾

近鉄富雄駅から歩いて2分くらいのところに、悠南書房という古本屋さんがある。富雄駅をちょくちょく利用するようになって9年目になるのだが、この古本屋さんの存在を、つい最近まで知らなかった。不覚。もちろん、気が付いてからは折々覗きに行っている。
初めて行った時に買ったのは岡部伊都子の『奈良残照の寺』(淡交社/1966刊)。中身はもとより、表紙がとてもいい。入江泰吉撮影、元興寺極楽坊の行基葺瓦の写真である。
次に買ったのは西山厚(奈良国立博物館資料室長)の『仏教発見!』(講談社現代新書/2004刊)。知的障害を持つこどもたちに、「人は死んだらどこへ行くのか」を説明するくだりは読み応えがあった。
あとは川端康成の『掌の小説 五十篇』(旺文社文庫)など、財布の都合でこまごましたものばかり買っている。それでも好きな傾向のものが見つかるということは、相性がいいということなのかもしれない。

先週の金曜日、その悠南書房でのこと。わたしが文庫本の棚を見ていると、反対側の通路にお客さんが入ってきた。馴染みの人らしく、店主殿と話をしている。最初は意識して聞いていなかったのだが、知っている作家の名前が出たところで、アンテナのスイッチが入った。
お客さん 「最近、開高健全集ていくら位すんの?」
店主殿  「ああ…この間市に出てましたけどね。いくらやったかなあ」
お客さん 「あの、釣りの話でも何でも、やっぱり写真がええやろ?全集はな、文章ばっかりずらーっとあって、写真が入ったあらへんねン。」
店主殿  「ははあ。そうですか」
お客さん 「あれやったら逆に、文庫の方がええちゅうことやわな。」
振り返るのも失礼かと思ったので、わたしは背中で会話を聞いていた。お客さんは気の置けない様子で、「ご主人、また高う買うたって下さいや」なんて言っている。それを聴いているわたしの目の前の棚、11時の方向に、背の赤色も新しい『オーパ!』があるのが見えた。

「マジェスティック!」と叫びシクロに倒れ込む酔漢ありて開高健  十谷あとり
by konohana-bunko | 2005-05-23 18:44 | 古本屋さん見聞記 | Comments(0)

在庫リスト更新しました!

c0073633_16234010.jpg
■在庫リストを更新いたしました。(2005.5.21)

このはな文庫 在庫リスト
http://konohanabunko.hp.infoseek.co.jp/

新着本を約30点追加いたしました。(2005.5.21)
・新カテゴリ「猫・ねこ・ネコの本棚」が出来ました。
 拡充目指して頑張ります。

■このはな文庫 ヴァーチャル売場 を更新いたしました。(2005.5.21)

このはな文庫 ヴァーチャル売場
http://www.geocities.jp/konohanabunko/

・本屋さんで本を手にとって眺めるように、クリックしながらご覧下さい。

どうぞよろしくお願い申し上げます!
by konohana-bunko | 2005-05-21 16:17 | Comments(2)

外出二件

c0073633_18111836.jpg
15日(日)は玲瓏の歌会へ。昨年11月と2月の2回連続で欠席したので本当に久し振りの参加となった。きりっとした緊張感の中、知的刺激がいっぱいの歌会。
歌会に行くといつも、その場で読んだ歌にその場で評を述べるむずかしさを思う。歌会というものに出るようになって4年以上になるが、慣れない。今でもほとんど語れない。「思ったことの半分も言えない」どころか「うろたえてろくに読めない」のだ。自分には鳥頭のみならず、鳥の心臓もついているらしい。まあ、アトリなんだからしょうがないか。
17日(火)はダイヤモンドシティへ。函館市場で回転寿司(うなぎが美味しい)を食べた後、映画を観ることに。『Shall we dance?』ではなく『コンスタンティン』。漫画みたいやな、とも思ったが、最後にヘンに甘ったるいラブロマンスみたいにならなかったところがえらく気に入った。『Shall we dance?』をリメイクしたら役所広司がリチャード・ギアになったが、『コンスタンティン』を日本でリメイクしたらサタン役は丹波哲郎になるに違いない。あの悪魔のお父っつぁん、邪悪でチャーミングで、いい感じだった。
(写真はビルの26階から見た大阪城公園。)
by konohana-bunko | 2005-05-20 18:13 | 日乗 | Comments(0)

虫のゐどころ

c0073633_16423952.jpg
9年前、庭にバラの木を植えた。アンジェラという品種のつるバラである。大して手入れもしないのだが、頑健な苗だったのか環境が合ったのか、随分育ってジャングルのようになり、5月になると気前よく花をつける。現在、枝が伸びすぎてわが家の庭はいばらの道である。

薬を使わないので――別に無農薬に拘っているわけではない。大して効きもせぬ薬にお金をかけるのがもったいないのだ――いろいろな虫が発生する。花芽が出るとアブラムシが出る。揚げ物にまぶしたパン粉のようである。すると次には黒い虫が現れ、アブラムシを食べ始める。テントウムシの幼虫である。(写真はナミテントウの幼虫。)
花が終わる頃には緑色の尺取虫が大量に発生する。(何の幼虫かはまだ調べていない。)これは放っておくと木を丸坊主にしてしまうので手で取らざるを得ないのだが、よく見ると時々アシナガバチが来て運び去っている。芋虫団子を作ってこどもに食べさせているのかもしれない。
草取りついでに根元を掘ると、カブトムシの幼虫に似た白い芋虫が出てくる。コガネムシの幼虫である。これは指でつまんでライギョの水槽に落としてやる。ライギョのハチが一口で飲み込む。

一体、花が好きなんだか虫が好きなんだか。
c0073633_1643322.jpg

by konohana-bunko | 2005-05-13 16:39 | 日乗 | Comments(0)

初出荷

お買い上げいただき、ありがとうございます!

と、いうわけで梱包作業。紙の工作は好きなので苦にはならない、どころかむしろ楽しかったりする。無事に届きますように!
c0073633_2146574.jpg

by konohana-bunko | 2005-05-12 21:46 | 古本屋さん開業記 | Comments(0)

歌集『こおろぎ』

gogejavalさんのblog「都会のキリン」に再びお邪魔する。4月19日付けで山崎方代の歌が取り上げられていて、うれしくなった。(gogejavalさん、たびたびすみません。trackbackさせて下さい。)南天の実

方代さんの歌を読むと、とてもなつかしい気持ちになる。きっと、あたたかい魂を持った人だったのだろうと思う。

掘りたての地ごくり豆を噛みながらほいきたほいきた豆を集める  山崎方代 『こおろぎ』

亡き父のシャッポがわたしのさいづちにぴったり合えり驚きにけり

ふるさとの右左口郷(うばくちむら)は骨壺の底にゆられてわがかえる村

私が死んでしまえばわたくしの心の父はどうなるのだろう

引用4首目は方代さんの歌の中で一番好きな作品。5年程前、読売新聞の書評に引用されていたこの1首が、短歌への扉を開いてくれた。道浦母都子さんが書いた記事だった。
by konohana-bunko | 2005-05-06 18:24 | 空中底辺 | Comments(0)

在庫リスト&ヴァーチャル売場

c0073633_19503192.jpg
このはな文庫 ヴァーチャル売場を開設しました。(2005.5.4)

・在庫本の表紙を写真でご覧いただけます。
・デジカメ写真館、第1回は長谷寺(奈良県桜井市)の記録です。

http://www.geocities.jp/konohanabunko/

■2005年4月20日現在の在庫リストです。どうぞご覧下さい。(2005.4.20)

http://konohanabunko.hp.infoseek.co.jp/
by konohana-bunko | 2005-05-04 18:01 | Comments(0)

モップ猫

夫と二人で静かに朝食をとっている間、何故か興奮して部屋を走り回る駄猫。瞳孔を真ん丸に見開き、身を伏せて後足を小刻みに踏みしめるや、猛ダッシュでテーブルの下を通過し、テレビの裏側に突入。あんな狭いところへ入ってどないすんねんやろ…と思っていたら以下のような状態に。狭いところに手が届くモップ猫なのかお前さんは。
c0073633_133552.jpg

by konohana-bunko | 2005-05-04 13:35 | 猫是好日 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧