<   2006年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

『まあだかい』 内田百閒

c0073633_2244030.jpg
福武文庫。悠南書房にて購入。黒澤明の映画「まあだだよ」原典、と帯にある。「摩阿陀会」について書かれた百閒のエッセイ18編で構成されている。。「摩阿陀会」というのは百閒先生の還暦の年から始まった「先生の誕生日をかつての学生たちが祝う会」兼「先生の通夜の予行演習」。百閒先生も、元学生たちも、何かどうしょうもないけれど、可笑しい。

以下引用。

そもそも今晩のこの会合は、目出度いというのが前提の様でありますが、何が目出度いかと云う事を考えて見まするに、この私が、まだ今以って生きている、云いかえると死んでいないと云う事に在る如くであります。しかし今夕の皆様並びに諸君の中の、特に若い人達を見て見まして、もちろん彼等は生きているからここに出て来て私の生きているのを見たのでありまして、その彼等が生きていると云う事はちっともお目出度くも何ともない。然るに私が生きていればお目出度いと云うのは、どう云う差別でありましょうか。何が何でもお目出度くさえあればお目出度い方がよろしいけれど、諸君が生きているのは普通であって、私が生きているのは変態であって、滑稽であって奇妙であって不思議であって、それがお目出度いと云うのが、つまりこれが今晩のお目出度い所以なのでありましょう。それならそれで、よろしゅう御座います。(p23-24)

お墓に木が植えてあれば、こうしている内にも育つものを。(p145)

引用終わり。実はまだ半分くらいまで読んだところなのだだが、今日5月29日が百鬼園先生の誕生日、すなわち「摩阿陀会」の日ということなので。

写真、庭石菖(にわぜきしょう)の花。
by konohana-bunko | 2006-05-29 22:04 | 読書雑感 | Comments(6)

2割増

c0073633_2231515.jpg
十谷というのは筆名で、本名の姓は十場という。この十場という名前、口頭で伝えるのが案外難しい。
「じゅうばです」と電話で言うと、「は。ゆうばさん」と聞き返されることが多い。音がちゃんと伝わっても、今度は字が違う。知り合いから貰ったメモに「十馬様」と書いてあったりする。
それで、電話で名乗る時は「『数字の十』に『場所の場』と書いて『十場』です」と言うようにした。これでだいたい間違いなく伝わるようになった。

ただ一回だけ、そう言って電話で注文した品物の送り状に

十二場**様

と書いてあったのには笑った。

写真、庭のバラ、品種名はアンジェラ。
by konohana-bunko | 2006-05-27 22:33 | 日乗 | Comments(0)

『捨てるな、うまいタネ』 藤田雅矢

c0073633_2271972.jpg
カボチャの一生を見届けたことがある。
一生、ということばは植物にはそぐわないかもしれないが、まあ、発芽から開花、結実を経て枯れるところまで、ということだ。
ある朝それは、借り物の畑の畝の端っこに出現した。土から出てきた時「ぽかっ!」と音がしたんじゃないか?と思うくらい立派な、差し渡し10cmほどの双葉だった。蒔いた覚えはないが、コンポストに埋めた生ゴミから生えたのだとすぐ見当はついた。
おろしたての蝶ネクタイよろしく、ぴん横に張った子葉、割り箸みたいに太くてがっちりした軸。ほれぼれするくらい、健やかでたくましい芽だった。見ているだけでうれしくなった。無論、そのヨロコビの中には(よっしゃこれでカボチャgetや!)という取らぬ狸の皮算用も含まれていた。

カボチャはそののち順調に育ち、本葉が出、茎が伸び、梅雨にはうどんこ病になり、夏にはろくに草取りもされず草まむしとなるも、畑の借主のあずかり知らぬ間にどかどかと花をつけ、結局秋までに8個の実をつけた。1粒の種からカボチャが8個、思い出すだにしあわせな家庭菜園のビギナーズ・ラック!

植物栽培がいつもいつもこんなにうまくいくとは限らないけれど、この手の本を読むと今でもわくわくする。

写真は庭のワイルド・ストロベリー。
by konohana-bunko | 2006-05-25 22:07 | 読書雑感 | Comments(0)

カイロプラクティック!

c0073633_20112087.jpg
5月半ばより風邪。悪寒、発熱、胃痛。いったん治まって出勤、外出などするも次は頭痛、嘔吐。30年来の頭痛持ち故(こんなもん寝れば治る)とひたすら寝ていたら21日深夜、激しい腰痛。立つにも立てず座るにも座れず、トイレで屈もうとして今まで体験したことのない痛みに驚愕する。夫に車でカイロプラクティックに連れて行ってもらう。施術2回、何とかものに掴まらずに立って歩けるようになった。あーほんまに助けていただきました。夫殿カイロの先生ありがとうございます。(TT)うっうっうっ。←痛かったやら有難かったやら。

天王寺区上本町の「リアルカイロプラクティック」お近くの方、是非、おすすめです。ハイハイタウンの天地書房から徒歩約2分です。

せめて写真だけでもかろやかに、ベニシジミ。
by konohana-bunko | 2006-05-22 20:12 | 日乗 | Comments(3)

『ハドリアヌス帝の回想』 マルグリット・ユルスナール 多田智満子訳

c0073633_2147695.jpg
ユルスナールは『東方綺譚』『姉アンナ…』についで3冊目。
最初から最後まで、ローマ皇帝の独白、一人称で通した小説。読み始めは何だかなあ、退屈かなあ、となかなかページが進まなかったが、ゆくりなくある人物が出てきたところから俄然話が面白くなり、切なくなり苦しくなり、後は勢いよく読了できた。これって、恋愛小説でもあったんだ…。それも、ローマ皇帝とギリシアの美少年の。へええ。

以下引用。

わたしは数多くの廃墟を再建したが、それは過去の相のもとに時間と共同作業を行ない、過去の精神を把捉あるいは修正し、もっと長い未来に向かってそれの乗り継いでゆくべき換え馬を出してやることである。また石のかげに源泉の秘密を発見することでもある。人生は短い。われわれは絶えず過ぎ去った幾世紀、きたるべき幾世紀について、まったくわれわれと無縁のものであるかのごとく語るが、わたしは石と戯れるうちにそれらの過去と未来とに触れたのであった。わたしが支柱で補強するこの壁は、消え失せた人のからだのぬくもりを今なおとどめているし、いまだ生まれ来ぬ人の手がこの列柱の柱身を愛撫するであろう。(p135-136)

アンティノウスはギリシア人であった。――わたしはこの古い無名の家系の記憶を、プロポンティスの岸に定住した最初のアルカディアの入植者の時期までさかのぼって辿ってみたのだ。しかしこの少し粗くてきつい血筋に、アジアは生の葡萄酒をくもらせ香りよくする蜜の雫のような効果をもたらした。(p162)

引用終わり。物語としては、わたしは『姉アンナ…』が好きだけれど、小説としては『ハドリアヌス帝の回想』の方が、スケールにおいても、細部の緻密さにおいても、完成度が高いと思う。

写真はならまちの民家の玄関。
by konohana-bunko | 2006-05-17 21:47 | 読書雑感 | Comments(0)

あ、とんびが

c0073633_14444930.jpg
14日(日)、夫と天川温泉へ。行きがけに水汲み場で水汲み。「ごろごろ水」という湧き水を家から持っていったペットボトルに詰める。水汲みというキーワードから大伴家持の

物部(もののふ)の八十(やそ)乙女らが汲みまがふ寺井のうへの堅香子の花(万葉集19-4143)

を連想する。実際にせっせと水を汲んでいたのは我々を含め昔乙女昔童子ばかりでしたが。

温泉を見下ろす山の斜面に階段があったのでちょっとだけ登ってみる。息切れ。上には伐った木を運ぶためのロープウエイのようなものがあった。写真(写真上参照)を撮っていたら、トビが飛んできた。あ、とんびやん。と、目で追っていたら、自分が今カメラを向けていた木に止まった。わたしは(いやァ、とんびが木ィに止まったとこ、初めて見たわァ)と、スーパーで買い物しているおばちゃんよろしく頬っぺたに片手を当ててぼーっと感心していたのだが、夫はさすがに、わたしの手からカメラを取り、木から飛び立つところを狙って、
「はい撮れた」
と一枚。(写真下)
さすが…!
ていうか、わしどんくさすぎorz

夫殿。今回はアマゴ釣りできなくてごめんなさい。また、ブドウ虫買って、早起きして、じっくり釣って来て下さい。
c0073633_14455100.jpg

by konohana-bunko | 2006-05-16 14:45 | 日乗 | Comments(0)

橘曙覧メモ(6)

c0073633_21502419.jpg
好きな叙景詠抄。

 早苗

39 うつぶしに 多くの植女(うゑめ) 立ちならび 笠もたもとも 泥(ひぢ)にさし入る (p39)

 雨いみじう降りつづきて、人皆わびにわびたりけるころ、めづらしうはれそめたる空を見やりて

79 天地(あめつち)も ひろさくははる ここちして 先づあふがるる 青雲(あをぐも)のそら (p49)

 午

83 目にあまる 菜の葉の露の ひるさびし 機おる音も 里にと絶えて (p50)



順次ここへ追加します。

写真、庭のバラの木に、オトシブミの揺籃を見つける。
by konohana-bunko | 2006-05-13 21:54 | 空中底辺 | Comments(0)

いきもの日記

c0073633_21584382.jpg
8日(月)、職場の中庭のボタンの花を見る。前日の雨の重みで花がうなだれ気味、既に散ったものも。何とか写真が撮れないかと花を覗き込んだら、ひとつの花にハナムグリが、もうひとつの花にベニカミキリがいた。ベニカミキリは体長10mmくらい、渋い紅色の鞘羽に、体長と同じくらいの長さの黒い触角のコントラストがきれい。あとで調べたら、ベニカミキリの幼虫はタケを食草とする由。へえ。知らんかった。捕まえるのに両手を使ったので、写真はなし。

9日(火)、自転車で買い物に行く折、田んぼの畦道にケリがいる。ケリがじっと向こうを見ているので(ひょっとしたら)と見つめていたら、果たして畦道のずっと向こうにこどもらしき小さいケリが現れた。この時期、よく番と幼鳥を見る。買い物途中でカメラを持たず、写真なし。
麦の穂が出て、田んぼに機械が入り始めた。、苗代に水を張っているところもある。

10日(水)、仕事帰り、電車の窓から、草地にキジ(♂)がいるのを見る。あっと思ったらもう見えなくなったので、写真なし。

写真は職場のハンカチノキの花。蜜がおいしいのか、ミツバチがいっぱい飛んで来ていた。
by konohana-bunko | 2006-05-11 21:59 | 日乗 | Comments(4)

橘曙覧メモ(5)

曙覧さんの歌集について、どんな切り口で文章を書いたものか、数日考える。門外漢なので「近世短歌史における橘曙覧の位置」などと書こうとしてもしょうがないし(いや書けないし)橘曙覧を援用して「短歌とはかくあるべき」だと声高に論を述べるほどの理屈もないし。結局、わたしに書けることは、自分が曙覧さんの歌を読んでどう感じたか、何をよいと思ったのか、それしかない、と思い定める。(何や、いつも現代短歌を読む時と、一緒やん。)まあ、それだけは、わたしにしか書けないことだから。

何かヒントになる断片でもないか、と、2003年に作った曙覧さんの資料を引っ張り出す。ファイルが二つある。ひとつはJ-TEXTS 日本文学電子図書館にある橘曙覧歌集のテキストを印刷したもの。当時わたしは曙覧さんの本を持っていなかったので、ここの電子データに随分助けてもらった。

もう一つのファイルに、当時書いた要点のメモでもあれば…と期待したのだが、こちらは業務連絡のメールが綴じてあるだけだった。過去の自分を当てにしている時点でアカンやないか。のび太君やあるまいし。ちゃんと今、自分で、やりなはれ。へい。自分と自分で問答しながらメールを眺めていると、
「平明な文体の限界と可能性」
こんなキーワードが書かれているのを発見。ははあ。どうも、テーマだけはすごいことを考えていたらしい。

閑話休題。
by konohana-bunko | 2006-05-09 21:33 | 空中底辺 | Comments(0)

参加することに意義があるのぢゃ

猫ちょんぴ、15歳にして生まれて初めて選手権に出場を決意。cnabkamさま、どうぞよろしく。みなさま、ちょんぴに熱いご声援を!
c0073633_1732376.jpg
名前:ちょんぴ

ジャッキー・チェンにあやかって「ジャッキー」と命名されるも余りのどんくささに「名前負けや!濁点を取れ!」と「シャッキー」ならぬ「チャッキー」に改名。この「チャッキー」が昔の映画に出てくる悪霊(悪魔?)と同名と判明し飼い主なにげに喜ぶ。最近その「チャッキー」も微妙に転訛し、現在は「ちょんぴ」と呼ばれている。何と呼ばれても「にゃー」と答える。

年齢:15歳 (1991年4月25日生)

由緒正しき野良猫の子なのに誕生日が確定しているのは実家の床下で産まれたから。

性別:オス、9歳時に去勢。

体重:一時6㎏を越えるも、最近は落ち着いて5.6㎏前後。どてどて。

好きなもの・好きなこと:シーバデュオ、寝ること

★ぶ★ぶ★ぶ★【 第3回 可愛い★ぶさいく顔選手権!】★ぶ★ぶ★ぶ★
 
    <ルール>★家のコ、本当はもっと可愛いはずなのに・・・
         ★デジカメデータ整理してたら、こんなのが出て来たわ!
         ★このぶさいくさがまた可愛くて仕方ないのよね
         そんな可愛いペットのぶさいく顔を画像付き記事にして
       http://cnabkam.exblog.jp/tb/3564582
         に、トラックバックしてください。
          エントリー記事はお一人3個までとします。
         一つの記事に1匹、同一ペットは不可とします。
         (例:犬3匹いれば、3つエントリーできます)
         

   <参加資格>ペットを飼われているブログのオーナーさん。
         (ペットの種類は問いません)
         トラックバックできれば、どこのブログでもOKです。

   <締め切り>5月18日(木) 23:59
         エントリー数が少ない場合は、延びる可能性があります。 

   <審査方法>締め切り後、別にまとめ記事をUPしますので
         その記事のコメント欄に 鍵コメントで、1人 
         3票を振り分けて投票してください。
         詳しくは締め切り後の投票用記事にて。
         投票はどなたでもできます(ペット飼っていなくてもOK)。

   <チャンピオンになると?>
         別になにもございませんが、栄誉あるヒョ−ショージョ−が
         あなたの元に??? 
         そして、次回の選手権のCM画像に使われてしまいます(w


    ※主旨は「可愛いペット自慢」であり、ぶさいく顔でペットを
     笑い者にする企画ではありませんので御理解いただきたいです。

    ※誰でも参加出来るようにテンプレを文末にコピペお願いします。


    ■企画元■ ネコは「ぱるぷんて」をとなえた!
          (http://cnabkam.exblog.jp/)
    
★ぶ★ぶ★ぶ★ぶ★★ぶ★ぶ★ぶ★ぶ★★ぶ★ぶ★ぶ★ぶ★★ぶ★
by konohana-bunko | 2006-05-08 17:47 | 猫是好日 | Comments(4)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧