<   2007年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

『ミジンコ道楽 その哲学と実践』  坂田明

c0073633_2292363.jpg
昔NHKの「日本つり紀行」を見て、著者が広島の海辺で育ったことを知った。実家の塀の外側が海で、物置にあるお祖父さんの竹竿を引っ張り出して釣りをしていたのだった。
坂田明がミジンコにくわしいというのも、その番組で知った気がする。

さてこの『ミジンコ道楽』、冒頭からいきなり、どぼんと海にはまったように引き込まれた。何しろタイリクバラタナゴを飼う話から始まるのである。以下引用。

僕の家の庭には大小の水槽が並んでいる。
その中には、タイリクバラタナゴ、ヤリタナゴ、タナゴ、シロヒレタビラといったタナゴ類にモツゴ、フナ、メダカ、ヒメダカといった淡水魚がいる。
以前には金魚、鯉、アメリカザリガニ、ドジョウ、トウキョウサンショウウオなどもいたからにぎやかであった。
その上にミジンコ飼育用の水槽(40リットルの漬物用プラスチック桶)やら水槽代用品の容れ物が並んでいる。そこにシェパードがいっしょになって暮らしている。グチャグチャである。
シェパードが尻尾を振っただけで直径60センチメートルの水槽が割れたことは何度もある。ガックリとなる。しかし、そんなところへ犬をつなぐ奴がバカだ。(p18)

魚飼いの家がありありと目に浮かぶ。著者は金魚の産卵が始まると水槽の前から離れられなくなる。再び引用。

翌日になると、またバシャバシャだ。メスの腹のウロコはボロボロになっている。再び遠野のワラ縄を切ってほぐしてワラ束を作って水槽に入れる。
「お父さん、もう練習しないと遅れるよ、いつまでやってんの」
家の中から嫁はんに怒鳴られて、ハッと眼が覚める。ここがバンドマンの泣き処である。
演奏前にはウォーム・アップなどいろいろ準備がある。サックスやクラリネットはその日に使うリードを選んでおかないといかん。そのためには練習は欠かせない。
金魚の産卵を世話したり、見学して「わー!凄い、やったあ」とか呆けている場合ではない。
「うーん、わかった」
そう返事しながら、なんの因果だろうなあとガックリきていると、
「もう三時過ぎたよ」
それを聞くと、いきなり頭は楽隊一色に染まり、ババッと庭を片付ける、ダダダッと玄関にゴム長脱ぎ捨てると、
「いつまで魚やってんのよォ」
トドメの一発がくる。
「分かってるよ」
「いつもそうやって遅れるんじゃないの」
これはどういうことでしょうか。(p31-32)

「であった」「だ」「ですます」が入り混じる妙な文体なのだが、勢いがあって、面白い。飼っていた魚が卵を産み、それが孵化して稚魚が出てくる。その稚魚に餌を与えるため、ミジンコが必要となった。これがそもそもの、ミジンコを飼い始めるきっかけだったという。以下は、自宅の顕微鏡で初めて、生きて動いているミジンコを見るシーン。

「おい、見てみろ、ミジンコだぞ」
家の中でなんかやってる女房を呼び、これを見なけりゃ話にならんぞという気持で見せた。
「ん!?これがミジンコなの」
「ほうよ、凄いじゃろ」
「なんかノミみたいじゃねぇ」
「ん!?ほうか!?上の方で透明な袋みたいなんがパクパクしょうろうが」
「うん」
「あれが心臓じゃわい」
「へー、心臓があるんね」
「あるんよ」
「こような小まいもんでも」(p73)

引用終わり。何やら絵本のテキストのようなユーモアである。

大事なミジンコをかわいがっているタナゴの餌にやってしまうこと。中学生の時大事に飼った牛を出荷して、胸を引き裂かれるほどつらい思いをしても、スキヤキとなれば嬉しくてごはんを三杯もお代わりすること。「いったい、愛とは何だ。」愛は傲慢だ。人間に必要なのは、森羅万象に対する感謝だ。ミジンコを通して、オレはそう考えた。と、坂田明は言うのである。
by konohana-bunko | 2007-04-30 22:09 | 読書雑感 | Comments(6)

Happy birthday!

4月25日は駄猫ちょんぴの誕生日。16歳になりました。
c0073633_22422569.jpg
お誕生日おめでとう!
by konohana-bunko | 2007-04-25 22:42 | 猫是好日 | Comments(4)

『天の腕』  棚木恒寿

c0073633_923978.jpg
歌集 『天の腕』(てんのかいな)  棚木恒寿(たなき こうじゅ)著 ながらみ書房
著者は「音」所属。

前半の歌(近作)が興味深かった。以下引用。

もう脚をたたんで休むこともせず一羽汚るる朝のひかりに

もしかしてトマトの糖度に比べつつ受け入れたのか君のからだを

水際には死ぬために来し蜂の居てあわれわずかにみだりがわしき

カナブンというたましいの薄きもの九月といえど教室に来る

おもむろに細部を衝きてくる汝に朝轢きし亀の感触を言う

池に入りて死にし人にも死後はあり家庭菜園荒れゆくまでの

たぶんもっとも花より遠い帰りきて靴脱ぐときのだれもがしずか


引用終わり。
付箋を貼っている時は気付かなかったが、こうして打ってみると生と死の歌ばかり選んでいる。ここにうたわれている生死の「死」は、さほどなまなましく迫っては来ない。天気がよければ濃く出る影のような、若い人(著者は1974年生)の健やかさが逆に照射する「死」だからだろうか。
by konohana-bunko | 2007-04-24 09:01 | 読書雑感 | Comments(2)

かなぶん古本市@風草木

c0073633_21342560.jpg
19日(木)、植物屋 風草木さんへ。18日(水)から行われている「かなぶん古本市」に寄せていただく。多肉植物と山野草と味のあるジャンクグッズでにぎやかな風草木さん、一体どこにどうやって本を並べているんだろう?
c0073633_21345044.jpg
お店の東側のスペースが会場。ちょっと写真が暗い。
c0073633_21351189.jpg
水モノ=植物&干乾びモノ=古本のありえないハーモニー!
c0073633_21354339.jpg
あんな箱、そしてこんな箱、階段にも!
c0073633_21355864.jpg
(ちなみに2階はありません)
「こどものとも」他日本の絵本、丸善の外国絵本シリーズ、クウネル系の雑誌、古本人くらしかさんのセレクション、そして古本女子たちの「若いけど、甘いだけじゃない」センスの本。いろいろ、出てました。1時間眺めても飽きない品揃え、と、言い切ります。この現場写真を見て、ピンと来た方は、
c0073633_21362067.jpg
風草木さんへ急げ!

◇かなぶん古本市◇

日程:2007年4月18日(水)~22日(日)
開場時間:18日は11時より、19日~22日は10時より、日没まで。
場所:奈良県橿原市葛本町734-2 TEL FAX 0744-25-6578
アクセス
by konohana-bunko | 2007-04-20 21:36 | 古本屋さん開業記 | Comments(4)

本を読む人々

c0073633_2247124.jpg
朝の電車。座席に座る。左隣の女性が膝の上に本とノートを広げている。ノートの表紙には、マジックで、「解剖生理学」の文字が。本のページに、3色刷りの細胞の図がある。
右隣はスーツ姿の、年配の男の人。鞄から薄手の雑誌を出して、熱心に読み始めた。表紙を後ろに折り返し、じっと見入っているのは、大きな文字で「年金分割」と見出しのあるページ。
前に立っている若い人は、吊革につかまって、小さい冊子を読んでいる。これはこちらに背表紙が向いているので、何の本かすぐわかった。良品計画の販売マニュアルだ。
わたしは本、ではなく、自分が書いたメモを読み直す。このメモは歌のもと。たくさんメモを書いているようでも、整理すれば2,3首残ればいい方だ。漠然としたイメージのメモを取っている時は、気が大きくなって鉛筆も走るけれど、そのままでは何にもならない。どんどん、捨てて、捨てて、捨てまくる。自分でも何をしているのかわからないくらい。そんな作業の中で、ふと、ことばが定型に納まることがあって、その瞬間だけは、喉をラムネが過ぎるような、ひりひりした気持ちが味わえる。
by konohana-bunko | 2007-04-17 22:47 | 日乗 | Comments(2)

写真に写らないもの

c0073633_2205439.jpg
猫のいびき。
by konohana-bunko | 2007-04-17 22:01 | 猫是好日 | Comments(2)

C-10-13

c0073633_23244041.jpg
ここ1週間ほど、古本市、あの集まり、この集まりの準備など、用事がいろいろ。3月より本は読んでいる。電車の中が主な読書タイムなので、学校が始まって規則正しい生活になると本が読める。

司馬遼太郎の『幕末』読み終わる。幕末の暗殺にまつわる人物を描いた短編集。この著者は物語の主人公があまり好きでないと、とても後味の悪い話になることが多い。逆に、主人公に愛着があると、どんなに悲惨な物語でも読後感が明るい。ような気がするんだが、どうなんだろう。

天地書房(ハイハイ)の外で犬養道子『西欧の顔を求めて』を買ってみたり、ブで北杜夫『少年』を買ってみたり。この『少年』の中の一節、教科書で読んだ記憶がある。中学だったか高校だったか。

曇りの日に、大阪港で撮った写真。防潮扉のひとつひとつに番号が付いていた。
by konohana-bunko | 2007-04-15 22:30 | 日乗 | Comments(2)

橿原かなぶん古本市

c0073633_21155461.jpg
橿原市の植物屋「風草木」さんで、
古本人「くらしか」さんはじめ、古本愛好女子たちによる古本市を行います。
名付けて「かなぶん古本市」。
手作り木箱にみんなで持ち寄った古本が並びます。
風草木さんの多肉植物はもちろん、手作り雑貨なども出品されます。
運がよければ、わらびもち・おかきのおもてなしにも出会えるかも。

不惑女子(!)このはな文庫も3箱参加いたします。
(今回は外国絵本・フラワーアレンジメント関連、出します)

みなさまどうぞお越し下さいませ。

◇かなぶん古本市◇

日程:2007年4月18日(水)~22日(日)

開場時間:18日は11時より、19日~22日は10時より、日没まで。

場所:奈良県橿原市葛本町734-2 TEL FAX 0744-25-6578
アクセス
by konohana-bunko | 2007-04-12 21:16 | 古本屋さん開業記 | Comments(6)

c0073633_2113313.jpg
電車の窓から外を見る。駅ごとに桜、桜、駅を離れて野に出ると、麦の芽が青い。田んぼのところどころに耕耘機が入っている。河原や土手に菜の花の光の泡。遠く甘い夢のように咲いているのは、桃の花。

カメラも持たずに、ソメイヨシノの下にたつ。何て匂いのない花。

天地もひろさくははるここちして先あふがるる青雲のそら  橘曙覧
by konohana-bunko | 2007-04-09 21:01 | 日乗 | Comments(2)

『木に縁りて魚を求めよ』 林和清

c0073633_22171430.jpg
をとこゆび夜をあらはれて青墨の春の油紋をかきみだしけり  林和清

ほほゑみのかけらのこしてわかちあふ冬の薄荷のはかなきちから

鹿放つ苑の日暮れやうすやみに耳のともりてゐたるもひとつ



こどもが遊びはじめると、風景がいきいきする。
by konohana-bunko | 2007-04-05 22:17 | 読書雑感 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧