<   2007年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

『古本屋を怒らせる方法』  林哲夫

c0073633_19443523.jpg
この本、決して「古本屋を怒らせる方法」ばかりが書かれているわけではない。でもこの挑発的(!)なタイトルは成功していると思う。

確かに、「古本屋さん」という存在に、「怒り」という感情は、妙にふさわしい気がするのだ。古本屋さんイコール、本の山の向こうでぎょろッと目を光らせている人。うっかりしていたら叱られそうな、気難しそうな印象。もちろん、実際はそんな人ばかりではない筈なのだが。わたしのイメージの中の古本屋さんが身にまとうこの怒りは一体、どこから来ているのだろうか。怒りっぽい人は、古本屋さんに向いている?まさか。ひょっとして「なかなか儲からない」から?(いや、失礼!)あるいは「いい本が売れない」ことへの義憤?

さてこの『古本屋を怒らせる方法』、本に関するよもやま話が、散歩の途中に目に映る景色のようになだらかに展開されてゆく。
本の話だから、作家の名前や書名が次々と登場する。でも、わたしは大して本を読んでいないので、ほとんどがわからない。わからないまま読む。退屈はしない。知らない人同士の会話を、聞くとはなしに聞いていたら、和やかな気分が伝わってきて、こちらも何となく楽しい気持ちになってくる、そんな感じ。(で、つい、つられて鍋井克之の本を注文してしまった。この芋蔓式も読書の楽しみのうちのひとつ?)

そんな中で自分の体験にひきつけて読むことができたのが「ヤフオク、負けるが勝ち」の章。オークションのつわものの奥様と著者がタッグを組んで、希少な雑誌の落札に挑むシーン。
《「オークションは終了間際が勝負なのよ。まずは様子を見ましょう」》
《「終了一分前からが勝負なのよ!」》
臨場感のあるこのやりとりが実に面白い。おまけに、無事落札後、競り合っていたうちの一人が出品者本人だった(売り手が値段を吊り上げていた!)ことが判明するというオチまでついている。

本の愛好家に向かって
《「いったい何冊くらいあるんですか」
「これ全部読まれたんですか」
「月に何冊くらい読みますか」》
という愚かな質問をしてはイケナイ、という、「三つの質問」の章も、楽しい。
別の章に出てくる愛好家が、
《「いっそ読んだろか、思てんのやけど」と苦笑い。そのココロは「買った本を読むなんて、そんな野暮な」というところか。》
と話すくだりと合わせて読めば、古本好きの心意気(病の深さ)が見えてくる。わたしは古本屋以前に、人としてまだまだ修行が足りないので、本はやっぱり読むか、売るか、どっちかやと思っているのだけれど、本好きな人の話は、読んでいて飽きなかった。何だか自分も、好きな本について、本を通して出会った人について、誰かとおしゃべりしたくなった。

写真、奈良のフジケイ堂小西通り店。
by konohana-bunko | 2007-09-28 19:44 | 読書雑感 | Comments(6)

ならののらねこ

c0073633_205957.jpg
カメラを向けたら、「なんやねんな、もう」みたいな顔で固まってしまった。
by konohana-bunko | 2007-09-27 20:05 | 猫是好日 | Comments(0)

新字源

c0073633_22504743.jpg
英和辞典や季寄せと一緒に、角川の『新字源』が机の上にある。高校に入学した時、学校から指定されて買った辞書だから、新しいわけでもないし、値打ちがあるほど古くもない。ただ簡単な用はこれで足りるので、ずっとこれで済ませてきた。
いつだったか、こどもに「自分の名前の文字の意味を教えて」と訊かれたことがあったので、家族の名前の漢字をこの『新字源』で片っ端から引いたことがある。まあ、大体が、福徳とか、富貴とか、健勝とか、そういった字ばかりだから、だいたい字面通りの意味が出てくる。ただひとつ、こどもの祖父母に当たる人の名にある「民」という字だけ、《象形。(中略)一説に、目を針でさすさまにより、めくらのどれい、ひいて「たみ」の意に用いる》と書かれていて、ぎょっとした。これはさすがに、まだ小さい子にうまく説明してやることができず、「民族の民、人々という意味だよ」とか何とか、お茶を濁してしまった。『新字源』の背表紙を見ると、このことを、たまに思い出す。
by konohana-bunko | 2007-09-21 22:51 | 日乗 | Comments(2)

三びきのやぎのがらがらどん

c0073633_21452956.jpg
左側がデンマーク語版、右側が日本語版。
c0073633_21454686.jpg
デンマーク語版は、BOOK DIVERふるぽん秘境めぐりに出品中です。
by konohana-bunko | 2007-09-21 21:46 | 古本屋さん開業記 | Comments(0)

■ふるぽん秘境めぐり■

c0073633_22595084.gif
■ふるぽん秘境めぐり■  ―ダイバー店内で開くミニ古本市―

【日時】2007年9月20日(木)~26日(水)11:30~19:30
【場所】神保町の秘境 ブック・ダイバー

合言葉は「一寸先は‥ひかり(お宝)!」 

<参加店>

◆市谷・麗文堂
「地図に無い島 漂着祈願」
◆奈良の小さな古本屋 このはな文庫
「一寸先はまばゆきひかり大和より神保町の空を仰げば」
◆古本T
「宝くじなら三億円。古本Tならお宝本。あなたに幸せとどけます」
◆やまねこ書店
「床の抜けそうなオンボロアパートで、在庫とネコに囲まれてます」
◆古本 四谷書房
「一寸先は光か闇か、白か黒か、表か裏か、コインを投げろ!」
◆甘夏書店
「ふるぽんラビリンスをさまよっています」
◆退屈文庫
「本て、売っても売っても、減りませんねぇ…」
◆古本ピックルス
「古いの、浅いの、いい感じに漬かってます」

ブックカバー、ミニトートなど小物もあるそうです。お近くの方、どうぞお立ち寄り下さい。

画像、上は四谷書房さまより、下はダイバーさまにいただいた「本の街」より。
c0073633_231320.jpg

by konohana-bunko | 2007-09-20 09:01 | 古本屋さん開業記 | Comments(2)

掘り出せお宝!

明日20日(木)より、神保町BOOK DIVERにて「ふるぽん秘境めぐり」。
このはな文庫の目玉は外国絵本。英語・フランス語・ポルトガル語・アイスランド語・スワヒリ語、出品者には解読不能な言語目白押し。しかし絵は国境を越える。デンマーク語の『3びきのやぎのがらがらどん』は必見デス。
c0073633_22405623.jpg
掘り出せお宝!
c0073633_22411084.jpg
ここ掘れわんわん!
by konohana-bunko | 2007-09-19 22:41 | 古本屋さん開業記 | Comments(2)

箱ができるまで

古本市に送る箱ができるまで。
c0073633_23142248.jpg
1 段ボール箱を用意する
きれいな段ボール箱を必要数用意する。ダブルの段ボールがあればなおよい。最初に用意したヘキサンの箱はデカくて深すぎのため却下。本が重たいことを忘れていた……。で、あらためてやや浅い箱に変更。これなら何とか持ち上げられる?いややっぱり無理。
c0073633_2315350.jpg
2 本をかきあつめる
c0073633_23151658.jpg
3 汚れ防止にグラシン紙のカバーをかけたり
ごく一部の本だけですが。この作業、実は苦手。ピシっとかけられへん……こどもの頃の折り紙、最初はピシっとした鶴を折ろうとして丁寧に折りだすんやけど、丁寧にやればやるほど何か折り目が汚くなって格好悪い鶴になったことを思い出した。で、最後にはね、(あーもうええわ適当で!)となるのね。今でもね。性格は変わりませんわ。
c0073633_23154329.jpg
4 スリップをはさむ、リストを作る
前回までは手書きのスリップだったが、今回は作戦変更。ワードでスリップを作って、A4の紙に印刷して、短冊に切り離す。で、そのスリップのデータを表に加工したら、出品リストのできあがり。写し間違いもないし、作業としてはこちらの方が楽。せやけどこのスリップ、風情も何もないなあ。消しゴムはんこか何か、ここはもっと工夫のしどころがありそう。

どんな箱が出来たのかは、ご覧いただいてのお楽しみ!みなさま、ふるぽん寄航市、どうぞお運び下さい。
by konohana-bunko | 2007-09-15 23:17 | 古本屋さん開業記 | Comments(2)

おうちに帰ろう

c0073633_0572840.jpg
某日、大阪へ。大阪に出る用ができた時は、(さあ、ついでにどこの古本屋さんに寄ろか)というのが結構、楽しみ。で、この日の目的地は難波だったので、天地書房のなんば店に行くことに。ビックカメラを通り抜けて、天地さんに朝10時過ぎに到着。ところがシャッターが閉まっている。11時開店だった。(゚д゚)お出掛けするのががうれしくて、開店時間を確かめるのなんてすっかり忘れていた。
あとの用の都合で開店までは待てない。かと言ってこのまま帰るのも悲しい。そこでハタと思い当たって、早足で高島屋めがけて歩いて、難波のブまで行った。(時間に余裕がないから、よそ見したらあかんデ、単行本のとこだけやデ)と自分に言い聞かせながら棚の前へ。背表紙を目で追っていたら、永田典子著『初期 永田典子作品集』『歌集 砂の花』が。自分の分はもちろん買うて持ってるんやけど、そんな、アカンて。こんなところに置いとかれへんて。大事に抱えてレジへと運ぶ。一緒に、おうちに帰ろう。



ふるぽん寄航市に向け、箱の準備。ちなみにヘキサンは売りません。
by konohana-bunko | 2007-09-11 10:25 | 日乗 | Comments(2)

似てるけど違う

c0073633_2125618.jpg
某日。歌の集まりに行った。会議室の長机に座って、詠草のコピーを読んでいたら、右隣の方に、ねえねえ、と声を掛けられた。
「『獺祭』って、聞いたことがあるんだけど、何のことだったかしら」
あ、だっさい。知ってます知ってます。それは、イタチがね、魚をね。大きな声で返事していたら、左の方に座っていた方がにこにこしながら
「十谷さん、カワウソです」と間違いを訂正して下さった。

恥ずかしい。

先年の「鷹羽狩行事件」より恥ずかしい。

(鷹羽狩行事件:数年前、これも歌会で、俳人・鷹羽狩行の名前を「たかはかりゆき」だと思い込んでいた事件。それ以前にも荻原井泉水のことを「いせんすい」呼ばわりしたり、学生の時は「狭義」のことを「さぎ」と音読したり。自分で気ィ付いてんのがこんだけあるんやから……)
by konohana-bunko | 2007-09-07 21:03 | 日乗 | Comments(3)

まっすぐしっぽ養成ギプス

c0073633_2212110.jpg
せやからしっぽで遊ぶなと言うに
by konohana-bunko | 2007-09-01 22:12 | 猫是好日 | Comments(3)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧