<   2009年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

『中勘助随筆集』より 「小品四つ」など

c0073633_23202019.jpg
中勘助の話のつづき。「何ということのないものをこまごまと綴った」と書いたけれど、この「こまごま」の書きぶりは尋常ではない。どの作品のどの部分にも手ざわりが感じられる描写がある。例えば、「小品四つ」から引いてみる。

《ここにあるひとたばの折紙はなつかしいそのおりの残りである。藍や鶸や朽葉など重なり合って縞になった縁をみれば女の子のしめる博多の帯を思いだす。そのめざましい鬱金はあの待宵の花の色、いつぞや妹と植えたらば夜昼の境にまどろむ黄昏の女神の夢のようにほのぼのと咲いた。この紫は蛍草、蛍が好きな草ゆえに私も好きな草である。私はこんなにして色ばかり見るのが楽しい。じっと見つめていれば瞳のなかへ吸い込こまれてゆくような気がする。ようやく筆の持てる頃から絵が好きで、使い残りの紅皿を姉にねだって口のはたを染めながら皿のふちに青く光る紅を溶して虻や蜻蛉の絵をかいた。そののちやっとの思いで小さな絵具箱を買ってもらい一日部屋に閉じこもってくさ草紙の絵やなど写したが、なにも写すものもなく描くものも浮んでこないときは皿のうえにそれこれの色をまぜてあらたに生れる色の不思議に眼をみはり、また濃い色を水に落して雲の形、入道の形に沈んでゆくのに眺め入った。》(p29「小品四つ 折紙」より)

うつくしいものに対する感覚が鋭すぎる人は、現実の世界では生きづらいのではないか、人格のどこかにバランスを欠く部分があるのではないか、と、つい、下世話なことを思ってしまう。そんな余計なことを考えながら読んでいたら、本人がちゃんとそのことについて触れていた。以下引用。

《そうしてふと幼少の折のことを思いだした。そのじぶん私はあまりに美しいものの刺戟に堪えかねて――その息のつまりそうないらだたしい悩を今も感ずる――それを無茶苦茶にしてしまうことがよくあった、たとえば草双紙の絵を墨で塗りけしたり、麦藁細工の綺麗な箱を踏み壊してしまうというように。そしてこの頃でさえも私の五感はそれが謂う所の快感を齎す場合のみを考えても已に大きな重荷である。もしこのうえなにかの感官があったら私は感覚に殺されてしまうであろう。》(p87「貝桶」より)

写真は宇治上神社にて。
by konohana-bunko | 2009-03-20 22:46 | 読書雑感 | Comments(1)

ウタノタマゴ*24

c0073633_2246505.jpg
イタミノサイコロナゲテコロガスミノウチニシユウヒトモジノデテトマルマデ
by konohana-bunko | 2009-03-20 22:45 | 空中底辺 | Comments(2)

『中勘助随筆集』より 「貝桶」

c0073633_22211063.jpg
中勘助は『銀の匙』『蜜蜂・余生』、この『随筆集』の順に読んできた。『銀の匙』は、中勘助がどんな人なのか特に調べることもなく、さらっと読んだ。いかにも育ちのよさそうな(岐阜今尾藩士の子で、実際に育ちはいい)繊細な文章にうっとりしたり、(よくもまあこのような細々としたことを大切に覚えていたものだなあ)と感心したり。
そして、その後読んだ「蜜蜂」では正直、うちのめされた。これはちょっととっさに感想なんて書けない。業の深い家族を抱えて懸命に生き、家族に精一杯愛を尽くし、ついに力尽きて死ぬ嫂の話。家族というものがときに抱える闇の深さを垣間見たい人はこれを読むといいかもしれない。

『随筆集』から、以下引用。

《田舎には珍しくないが都会らしい都会では決して見られないようなしんみりとしてかすかに寂しみのある路である。それはどこまでも一筋に長くのびて、よく繁った生垣のあいまにぽつりと店屋などがある。そこには丈夫な荒骨の腰障子がたってふっくらした感じのする障子紙に 荒物 とか 塩せんべい とか商う品物が黒黒と書いてある。私は これは酒屋だな とか ここは穀屋だな なぞと思いながらゆく。穀屋といえば、そこには白豆や黒豆、粟、黍、ささげなど、それぞれの粒、形、色、光沢をもった種種の穀物や、それをひいてつくった粉類が浅い桶にはいって並んでるであろう。いったい私は美しい穀物を見たり、その粉の匂をかいだりするのが好きなのだが、またそれがただの砂金や宝石のたぐいではなくて食べては体の養いとなり、蒔いてはみずみずしい草木となるというところにもなにか有り難いような、不思議なような、いいしらぬうまみのある愛著をおぼえるのである。亭主はつるさげた束から紙袋をちぎってふっと息でふくらませ、底ぬけみたいに口の太い漏斗をさしこんで一合二合とはかってくれる。そのあいだに私は赤や青に彩どった花麩に見とれたり、昆布や椎茸の匂を吸いこんだりしている。》(p69-70「貝桶」より)

佐藤佐太郎の「店頭に小豆大角豆など並べあり光がさせばみな美しく」をちょっと思い起こす。梶井基次郎が「城のある町にて」で、高台から見下ろす街並みを描写するくだり、あれだとか、こういう、何ということもないものをこまごまと書きつづった文章がわたしはどうしようもなく好きだ。
by konohana-bunko | 2009-03-14 22:15 | 読書雑感 | Comments(2)

『アップルの人』  宮沢章夫

c0073633_22242194.jpg
もし宮沢章夫のエッセイで面白いのはどれ?と訊かれたら、『牛への道』や『わからなくなってきました』を挙げると思う。この『アップルの人』は、コンピューター雑誌に連載された文章をまとめたもので、アップルのコンピューターや製品の話が多い。その方面が好きな人なら、楽しく読めるだろうと思う。

以下引用。

《自分のサイトに私は膨大な日記を書いている。あるとき知人から、なぜ、あれほど原稿料にならない日記(=ブログ)を書いているのかと質問されたことがある。たしかに、日記を公開する行為は、「ブログ」という概念がなかったころには奇異なものとしてあった。なぜ自分の日常をネットで公開するのか。
私はその質問にいつもこう答える。
「あれは、野球で言ったら、いわば素振りです」
あるいはこうも答えられる。
「あの日記は公開スパーリングです」
ところが、質問者は、「でも、素振りにしては、ずいぶん力が入っているじゃないですか」と言ったのだ。このばかものめが。いいかげんな気持ちで素振りをするプロ野球の選手がいるものか。一振りに魂を注ぐのがプロの素振りだし、ボクサーのスパーリングだって真剣そのものだ。
ただ、「ブログの女王」のようなものに私はなりたくはない。なぜなら、私は男だからだ。だったら私は次のようなものになりたいと考えている。
「ブログの大将」
こうなるともう、「裸の大将」のようなものである。裸で素振りだ。汗が飛ぶのだ。》(p308-309「ブログを考える」より)

写真は職場のベニハスモモ(紅葉李)。来年も再来年もずっと、春が来るたびにこの花が咲いていますように。
by konohana-bunko | 2009-03-12 21:33 | 読書雑感 | Comments(2)

colombo cornershop

ひょんなことから大阪へ。所用で難波神社の近くに出たので、marimekkoを見に行く。へえ、かわいいね、赤がきれいね、と目のお正月をして、何も買わず。ポストカード欲しかったのだが、1セット2,100円はちょっと……。バラ売りがあればよかったのにね。

marimekkoのそばに、瀟洒な古本雑貨カフェを発見。
c0073633_22362231.jpg
コロンボ・コーナーショップさん。古本だけでなく、チェコのガラスボタンなど、好きな人のツボをぐいぐい押してくる「ちょっとしたもの」が、いろいろ。店内のいちばんいいところに『佐野繁次郎装幀集成』が平積みに。思わずうれしくなり、お願いして写真を撮らせていただく。
繁次郎さんの生家はここから近いんですよ、ですとか、『集成』と並べておくと、サノシゲ本がよく動くんですよ、ですとか、そんなお話も聞かせて下さった。コロンボさんありがとうございました。
c0073633_22363910.jpg

by konohana-bunko | 2009-03-08 22:35 | 古本屋さん見聞記 | Comments(0)

招き猫

c0073633_21564115.jpg
ほんまは爪が引っかかってるだけやねん
いや~ん
助けてー
by konohana-bunko | 2009-03-08 21:57 | 猫是好日 | Comments(2)

ウタノタマゴ*23

ぺんしるちょこテニトケヤマズさーかすノテンマクヒラクハルノマヒルニ
by konohana-bunko | 2009-03-08 21:53 | 空中底辺 | Comments(0)

読書の記録 如月

c0073633_2239463.jpg
三月になっていたことに気付く。驚き。

『アップルの人』  宮沢章夫  新潮文庫
『土左日記』  紀貫之作  鈴木知太郎校注  岩波文庫
『大正天皇』  原武史  朝日選書
『しいちゃん』  文・友部正人  絵・沢野ひとし  フェリシモ出版
『心音(ノイズ)』(歌集)  柚木圭也  本阿弥書店
『古きよきアメリカン・スイーツ』  岡部史  平凡社新書
『好物漫遊記』  種村季弘  筑摩書房
『蜜蜂・余生』  中勘助  岩波文庫

笠原先生おすすめの『大正天皇』ようやく読了。
種村季弘がとても楽しかった。
中勘助はさめざめとつらくて美しい。ひきつづき『中勘助随筆集』読み中。
by konohana-bunko | 2009-03-04 22:40 | 読書雑感 | Comments(5)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧