<   2013年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ねえねえ!

幼い男児がウサギやネコといった動物柄の長靴の前に立ち、「ねえねえ!ねえねえ!」と連呼しているところに遭遇する。(この人は動物をなべて「ねえねえ」と呼ぶのだな)と見ていたら、年子と思しきお姉ちゃんが現れ「ねえねえ!」の呼びかけに「はぁいぃ」。なるほど、お姉ちゃんに見せたかったのか。
by konohana-bunko | 2013-05-29 20:15 | 空中底辺 | Comments(0)

読書メモ 山田航歌集 『さよならバグ・チルドレン』

c0073633_1725782.jpg
山田航歌集『さよならバグ・チルドレン』(ふらんす堂/2012年)より、以下引用。

地球儀をまはせば雲のなき世界あらはなるまま昏れてゆくのか

掌のうへに熟れざる林檎投げ上げてまた掌にもどす木漏れ日のなか

よく懐く仔犬のやうに絡みつくつむじ風反時計回りの

放課後の窓の茜の中にゐてとろいめらいとまどろむきみは

てのひらをくすぐりながらぼくたちは渚辺といふ世界を歩む

りすんみい 齧りついたきりそのままの青林檎まだきらきらの歯型

水飲み場の蛇口をすべて上向きにしたまま空が濡れるのを待つ

つむじから風は螺旋に身をくだり足にはぼろぼろのコンバース

金曜九時。落ち合ふ場所は禁猟区。逢瀬と呼んで構ひはしない――

選択肢は三つ ポピーに水を遣る、猫を飼ふ、ぼくの恋人になる

たぶん親の収入超せない僕たちがペットボトルを補充してゆく

またの名を望郷魚わがてのひらの生命線を今夜ものぼる

嘘を吐くさまも愛しき少女より盗み来たれる緋のトゥ・シューズ

アヌビアス・ナナ水槽に揺れてゐて ナナ、ナナ、きみの残像がある

それでも僕は未来が好きさしんしんと雪降るゆふぐれの時計展

真つ白な闇なるものもあるらしく除雪夫の服ぴかぴか光る

進水式の朝の、涙が羽をもち南へ向かふ朝の、訪れ

ナインチェ・プラウス 横顔は無く本当にかなしいときは後ろを向くの

粉雪のひとつひとつが魚へと変はる濡れたる睫毛のうへで



(雑感メモ)

ジャケットは、白地に青の不規則な水玉柄。青みのある本に、偶然手許にあった青い付箋を貼りながら読んだ。読後抜き書きを作ろうと机の横に積んでから、長い時間が経ってしまった。写し書きをしながら付箋を剥がしていると、本がため息をついているように思えた。

若々しい歌が並んでいる。「金曜九時。落ち合ふ場所は禁猟区。逢瀬と呼んで構ひはしない――」という、いい意味で気恥ずかしい歌もあって、いいぞいいぞ第一歌集、と言いたくなる。口語混じりとはいえ、表現に危なげがなく、スムーズに歌の世界に浸って楽しめた。

あとがきの内容はやや予想外だった。山田さん、そうなの?あなた、こんなにそつなく歌が詠めて達意の文章が書ける人なのに?と。ホームランが打ちたかったとか、マリオネットのように操られたいとか……そういう「繰り言」というのは、自分を(もう少し、あるいはもっと?)思うさま操りたいのに操れない、その行き場のないもどかしさの裏返しなのだろうか。……そんな単純なものでもないのか。



写真、なんばパークスにて。
by konohana-bunko | 2013-05-29 17:26 | 読書雑感 | Comments(0)

メロンパン

父ははじめて出会う他者として幼い私の目の前に現れた。外界から家という私の小宇宙に侵入しまた気まぐれに出て行く者。偶に話しかけられる内容は短い批評のようで、その意味を読み解くには私は幼すぎ、屡々混乱した。そういう意味であまり父親らしくはなかった。父親の演じ方を知らなかったのだろう。
何が言いたいのかというと、例えばメロンパンの食べ方。私がメロンパンを食べていると、父は必ず「豚みたいな食い方やな」と鼻で笑うのである。その度私は鼻白む思いがし、ではどう食べればよいのかと父の顔を見上げるのだが、父は笑うだけで何も教えてくれなかった――と、こういった些細な話である。
ロンパンを見ると時にこのことを思い出す。当時の父の齢を超え、私はいまだにメロンパンの正しい食べ方を知らない。しかしそれで困ったことも一度もなかった。私を事ある毎に豚になぞらえてからかう人も誰もいなくなった。私は食べたい時に好きなだけ心置きなくメロンパンを食べられるようになった。
by konohana-bunko | 2013-05-24 20:11 | 空中底辺 | Comments(0)

読書メモ 高木佳子歌集 『青雨記』

c0073633_20455812.jpg
高木佳子歌集『青雨記』(いりの舎/2012年)より、以下引用。

跳び箱の帆布ましろく開脚の少女は一瞬つばさある魚

少女冷ゆ はつかにみづを匂はせて白き靴下はきしそのとき

湿りたる耳いぢりつつスタイラス・ペンにて描きゆく鳥

蟻の壜忘れてありぬ 今のいまたふれて蟻のあふれむとする

てのひらに蟻歩ましめてのひらに限りのあれば戻りきたりぬ

橋脚のつけねのあたり時折に水あたるごと生きがたきかな

刈られたる草の全きたふれふし辺りの空気あをみ帯びたり

湿りたるゑのころ折りて雨止みし夕べを帰る帰るとは何

この椅子の脚いつぽんのゆらゆらとゆるみゐるなり歩き出すらむか

無音なるテレビのなかに跳躍の棒高跳びの選手うらがへり

ただけふを古びゆくなり皿のうへ蜂蜜パイの倒る殆ど

雨後の海のさびしさ 濁りたる青にふたたび陽の射すまでを

ひやしんす水に浸してそのみづの下のあたりを覆へりくらく

あざあざとクレヨンの朱よ 白き紙、灰の雲、青の空まで

このひとに於いて吾はかあさまと呼ばるるほかになくてかあさま

あへぐ人そこにゐしかとみるかたに過熟の苺ただ転がりぬ

父はいま燃えてをらむよ菓子あまた皿に盛られて水色ももいろ

いふなれば負けつ放しの博奕打ちであつたのだ、父といふ人は

右耳の鼓膜がふるへすぎゆきに父に割られし鼓膜がふるへ

むらさきの栞の紐を小さなる馬のたづなを引くごとく引く

しづみゆく糖の崩れを見送りぬアールグレイのその深さまで

ほそき舌挿しいれしまま炎天のしばらくをゐる夏蝶の背を

空は空、ひばりひとつを含みしをけふのこととて記すことなく

海嘯ののちの汀は海の香のあたらしくして人のなきがら

熱傷も瘢痕もなきまつしろな曝されがあり垂るる白蓼

  小名浜港に誰かが看板を立てた
〈心まで汚染されてたまるか〉さうだとも、わたくしたちは真つ白な帆

魚(うろくづ)よ、まばたかざりしその眼もて吾らが立ちて歩むまでを 見よ
by konohana-bunko | 2013-05-18 20:45 | 読書雑感 | Comments(0)

真向法

身体が硬くてよく首や腰を痛めるので、古本屋さんで買った真向法の本を見ながら体操を試している。四つの型のどれ一つとしてまともにできない。しかしストレッチ効果はありそうだ。特に第四体操を行うと膝まわりが爽やかになってよろしい。ここから先は年を取るほど元気になりたいと思う。切実な願い。
by konohana-bunko | 2013-05-14 20:49 | 空中底辺 | Comments(0)

はよ帰りっ

c0073633_20511958.jpg
深夜。ベランダに出た猫が一向に戻って来ないのでつっかけを履いて迎えに行き「いつまで外に居んねんな!もう遅いのに。はよ帰りっ」と叱りつけたら、うちの庭の前に屯して大声で喋っていた地元のミニバイク少年たちが俄にこそこそとバイクを押して退散してしまった。いやいや君らに言うたつもりでは。



写真、夜、落ち着いて本でも読もうと机に向かえばこのような有様に。
by konohana-bunko | 2013-05-14 16:06 | 空中底辺 | Comments(0)

読書の記録 卯月

c0073633_0121388.jpg
『古代ハワイアンの教え フナ:三つの自己に秘められたギフト 癒しと祝福のホ・オポノポノ』  A.J.マクドナルド 山崎直仁訳  春秋社
『八木重吉・詩の祈り』  四竃経夫編著  宝文館出版
『精神科養生のコツ』  神田橋條治  岩崎学術出版社  (再読)
『しろたへ』(歌集)  佐藤佐太郎  短歌新聞社文庫
『軽風』(歌集)  佐藤佐太郎  短歌新聞社文庫
『自分の居場所のみつけかた』  斎藤学  大和書房
『木をかこう』  ブルーノ・ムナーリ作  須賀敦子訳  至光社国際版絵本
『苦界の救われ』  村田正雄  白光真宏会出版局
『弥縫録 中国名言集』  陳舜臣  中公文庫
『叡智のしずく』  モーナ・ナマラク・シメオナ/イハレアカラ・ヒューレン/カマイリ・ラファエロヴィッチ  平良アイリーン訳  SITHアジア事務局
『いいことあります』  ソーニャ・ソーケット  伊達尚美訳  デジキューブ
『司馬遼太郎の歳月』  向井敏  文藝春秋



『弥縫録』「危うきにおもむけ」の項に、竹島のスルメの話が出て来て面白かった。以下〈 〉内は引用。水産物の輸出入の歴史とか、こういう話聞くの好き。 

〈竹島でとれるスルメは、いまはどうか知らないが、戦前はじかにその身に縄を通して干すので穴があいていた。竹島の穴あきスルメといって、東南アジアの華僑も「竹島有孔*」(*=魚偏に尤)と親しんで、誰も日本のスルメであることを疑わなかったのである。〉



写真は3月26日に撮ったもの。季節は巡る。どんどん巡る。
by konohana-bunko | 2013-05-11 09:28 | 読書雑感 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧