<   2013年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

『身心快楽 自伝』 武田泰淳

c0073633_2346146.jpg
武田泰淳『身心快楽 自伝』(創樹社/1977)より、以下引用。

〈「世間知らず」のもう一つの美点は「この世間には俺とは段ちがいに偉い奴がいるだろうな」と、いつでも思いつめていることである。偉い奴は一体どのくらい偉いのだろうかと、つとめて難しい大著述などをよみたがる。半ぶんか十分の一しか理解できないでも、むずかしい物を読む面白さは、一度味をおぼえたら、決して忘れるものではない。やさしい物にも面白みは沢山あるが、どちらかと言えぼ、むずかしい物の面白みの方が、永つづきがするものだ。
 同じ職業の男に、自分よりウワテの奴がウヨウヨいることは、つらくてたまらぬことではあるが、また愉快なことでもある。かなわぬながら、彼らに意地わるしてやろうとする心が動機になって、いくらかマシな作品が書けることだってありうるからだ。しかも、この種の意地わるを、相手に気づかれぬように実施する腕は、どんな鈍い男でも、次第に上達することは、明らかである。〉
(p52-23「PRあるいはCM的自伝」)

〈うちの女房は、マル・エン全集の広告など見て、マルクス・エンゲルスは一人の男、つまり姓はマルクス、名はエンゲルスだと信じていたそうだ。なにしろピカソをピカリと呼んでいたくらいだから不思議でもない。私の資本論ロンも、彼女の学識とさしてかおりないものであるにちがいない。
 ただし、次のことは断言できるのではあるまいか。物を書く人間は、常に恥ずかしいという心を失ってはならない。大きな書物を読めば、その著者の努力の蓄積に脱帽して、自分が恥ずかしくなる。おごりたかぶる気持ちが消える。その本を利用して、直接行動を起こすより前に、その知恵の大海に沈んで、ふかい思いにふける。その意味では、資本論は一種の芸術的陶酔をあたえてくれるものであった。〉
(p81-82「私と『資本論』」)

〈(頭略)実にさわがしい女が一人目にとまったことがある。それは喧嘩をして夫にぶたれた女らしく、汚い顔を血だらけにして大きな声で泣きながらやってきたのである。昼休みに日向ぼっこのためクリークの石橋の上にいた私共の方へ泣きながらその女はやってきた。後から母親らしい老人が心配そうについてきて、またその後から野次馬がゾロゾロついてきた。私は血だらけの中年女は気味悪くなってタジタジとなり構いつけないで立っていた。女はまだ泣き騒いで私共を困らせてから街を歩いて行った。私共独身者が、どうして支那の中年女の夫婦喧嘩の裁きがつけられようか。その時の歌。恐ろしや支那の女の喧嘩して顔に血塗りて橋わたり来る。愛すべき風景の中に生活するこれらの愛すべき支那の人々を眺めていた杭州の春は、私の心に春愁ともいうべき一つの永い悲哀を植えつけたものであった。半ば意識的に荒々しきもののなかに悲哀を見出そうと努めたのかもしれない。若い時に異国に行くとたぶん誰でもそうするのではあるまいか。〉
(p176「杭州の春のこと」)
    
そしてひとつの詩の後半の部分を。題は「北京の輩に寄するの詩」。

〈街に三歳の児童ありて煙草を吸い
村に百歳の老婆ありて薪を背負う
かかる楽園の首都にて
自分でわからぬT(ター)君の脳と
酔えば人を蹴るI(イー)君の脛と
ひどく重たきC(チー)君の腰と
何やらかきまわしてるS(サー)君の指と
これらの肉体の部分品よ
やがてちぐはぐのお前達の中から
どんな子供が生れようが
大陸の事だ、かまうものか
そして産後の一寝入りをしたら
蛇のお母さんのように
ゆっくりと穴から出ようではないか

――安徽省の街から――〉
(p152-153「北京の輩に寄するの詩」)

読んだ感想を書けたらいいのに、何と書いたらいいのか。
――とにかく大きな人を遠目に見て、見ただけで、お腹がどすんと重くなった。それは、気持ち悪い重さではなくて、栄養の濃いものをたくさん食べた時のような感じで――。
こんな感想では、小学校の夏休みの宿題にも提出できそうにないが。
by konohana-bunko | 2013-08-24 09:51 | 読書雑感 | Comments(0)

雨の蟷螂

c0073633_1855011.jpg
夜、雷鳴。そして久々の雨。庭の戸締まりに出たら、フェンスの網目に蟷螂が掴まっていた。フェンスも蟷螂も大粒の雨に濡れ、滴をいっぱいつけている。街灯の淡い光を受けて、蟷螂の影は切絵のように暗く、滴だけが白く透けて――そこへ稲妻!ガドルフの百合の生まれ変わりに違いない、この若い蟷螂は。
by konohana-bunko | 2013-08-23 18:04 | 空中底辺 | Comments(0)

守宮

猫が傘立てと壁の隙間を凝視しているので、一緒に覗いてみたら、守宮がいた。「勘弁して下さい」と言いたげに、大きな眼を見開いていたので、箒でそっと追い込んで奥へ逃がしてやった。脱皮の途中だったらしく、首に脱げかけの白い皮が巻き付いていたのが、タオルを巻いているように見えて可愛かった。
by konohana-bunko | 2013-08-22 18:06 | 空中底辺 | Comments(0)

朝の藍

朝、駅へ向かういつもの道すがら、朝顔に惹かれて裏道へ曲がる。仕舞屋ばかりが並ぶ路地、古家の軒端に小振りな花が咲いている。藍色の地に白い星形の斑をくっきり染め分けた花が、凛と花弁を張っている姿を見ると、あらためて胸を衝かれてしまう。朝顔なんて、子供の頃から見飽きている筈なのに――。
by konohana-bunko | 2013-08-21 18:07 | 空中底辺 | Comments(0)

『坊ちゃん』 夏目漱石 旺文社文庫

c0073633_2111257.jpg
ここしばらく見つけなかった旺文社文庫。旺文社文庫、対訳古典シリーズ(と言ったのだったか)が好きだった。二冊組みになった『枕冊子』の、一冊目の表紙は大きな壺に桜を生けた絵で、『近松世話物集』の表紙は、文楽の人形の横顔の絵だった。布施のヒバリヤ書店や小坂の栗林書房にたくさん並んでいて、よく立ち読みしたり買ったりしたのにと思う。その後度重なる引越で処分してしまったが、『枕冊子』だけはブックオフで再会できたので買い直した。
時とともに否応なくいろんなモノも場所も変わっていくんだな。出版社も本屋さんも本も、生まれては消え、またあたらしく生まれてくる。
by konohana-bunko | 2013-08-19 21:11 | あんな本こんな本 | Comments(0)

なら燈花会2013

c0073633_23572227.jpg
c0073633_2358632.jpg
c0073633_23583687.jpg
c0073633_23591630.jpg
今年ははじめて県庁の屋上にあがった。夕立が降ったあとだったので、板敷きの床もベンチも湿っていた。水蒸気がかかった夜気の底に、ライトアップされた五重塔の頭や東大寺の屋根が覗いていた。春日の森や高円山は暗闇の中になお暗い影になって昼間よりもっと大きく膨らんで見えた。西の方に奈良の街の明かりがちらちらと光っていた。奈良の夜景は、やっぱり静かだった。
by konohana-bunko | 2013-08-15 00:11 | 日乗 | Comments(0)

残暑お見舞い申し上げます

c0073633_17434798.jpg
「……」
c0073633_1743234.jpg
「……外は暑そうね」
暑くてもルイルイは元気。
by konohana-bunko | 2013-08-10 17:49 | 猫是好日 | Comments(0)

『トリエステの坂道』  須賀敦子

c0073633_222273.jpg
『トリエステの坂道』  須賀敦子 (みすず書房/1995) を読んだ。須賀敦子さん、ずっと前から本だけ買って手つかずだった。(今はなきBerlin Booksさんで!)読めてよかったなあ。もっと早く読んでもよかったかも。

以下、特にお気に入りの部分を引用。

〈丘から眺めた屋根の連なりにはまるで童話の世界のような美しさがあったが、坂を降りながら近くで見る家々は予想外に貧しげで古びていた。裏通りをえらんで歩いていたせいもあっただろう。時代がかった喜劇役者みたいに靴の大きさばかりが目立つ長身の老人が戸口の階段に腰かけ、合わせた両手をひざの前につき出すようにした恰好で、ぼんやりと通行人を眺めている。車はほとんど通らない。軽く目を閉じさえすれば、それはそのまま、むかし母の袖につかまって降りた神戸の坂道だった。母の下駄の音と、爪先に力を入れて歩いていた靴の感触。西洋館のかげから、はずむように視界にとびこんできた青い海の切れはし。〉(p17「 トリエステの坂道」)

〈夫の実家だった鉄道官舎は、そのガードをくぐったところのすぐ左手にあったし、彼が勤めていた書店は、ドゥオモのすぐそばだった。だから、結婚するまえも、してからも、外出ぎらいの彼が利用する交通機関は35番の電車だけだった。私は私で、一九六〇年にそれまで勉強していたローマを引きはらってミラノに住むようになったとき、家がみつかるまで泊めてもらっていたモッツァーティ家が、おなじ電車道に沿っていたから、夫の実家をたずねるときも、書店に出かけるときも、35番に乗った。そればかりか、六一年に結婚したとき、夫の友人のティーノが格安の家賃でいいから、知っている人に住んでほしいと空けてくれたアパートメントが、またまたモッツァーティ家と道をへだてた真向いだったので、交通にかんするかぎり、私のミラノ暮しはすべて35番の星の下にあったといってよかった。
結婚してまもないある日、夫の帰りがおそくて、どうなったのかと気をもんだことがあった。書店を出るときに電話をくれたから、ふつうなら二十分で家につく。いくら電車がこなくても、三十分はかからない。道でなにかあったのではと気になりはじめたとき、彼がそっとドアの鍵をあけて入ってきた。どうしたの、ちょっと心配した、というと、彼はてれくさそうにつぶやいた。「うっかりして、お母さんのところに帰っちゃった」
結婚そうそう、35番の電車に、ふたりしてからかわれたようなものだった。〉(p32-33「電車通」)

〈イタリア語でなんていうの、この花、おかあさん。葉のあいだからつぎつぎに匍い出す赤く透きとおったアリを指先でつぶしながら、私は寝室の戸棚のまえでいつまでもごとごと音をさせているしゅうとめに問いかけた。声がはずんでいたかも知れない。日本にしか咲かないと信じこんでいた紫苑が、いちどにこんなたくさん、いきなり目のまえに置かれたのだったから。名前って。たたみかけるような私の口調に、しゅうとめは、大きな花瓶をかかえて入ってきながら、怪訝そうな顔をした。
この辺ではセッテンブリーニつて呼んでるけど。花っていうほどのものでもないし、ちゃんとした名かどうかも、知らないわ。
ふうん、セッテンブリーニねえ。小声でその名を繰り返しながら、私は思った。なんて簡単な名だろう。九月に咲くから、九月っこ、か。
きれいな花よね。そういうと、無類の花好きだったしゅうとめは、大げさな、という顔をして笑うと、いった。さあねえ。きれいだかなんだか、よくわからないけれど、私は好きだわねえ。かわいらしくて。
紫苑。おそらくは菊の一族なのだろう、ぱっと目立つ花ではないけれど、紫苑という漢字はゆかしいし、だいいち、シオンという音のひびきがさわやかである。高く伸びて、野菊に似たむらさきの小花をまばらな星座のように濃い緑の葉のあいたに咲かせる、あの濡れたような色や、すらりと伸びる姿が好かれるのだろうか。野の花にしては華やかだが、栽培される花にしては野趣が濃い。〉(p131「セレネッラの咲くころ」)

「さあねえ。きれいだかなんだか、よくわからないけど、私は好きだわねえ。かわいらしくて。」このお姑さんの台詞の直前まで読み進んできたところで、(あ、お母さんきっと、こんな風に言わはる)という予感がして、その予感通りの台詞がなめらかに続いた時には、うれしさでぞくぞくした。
まさにこんな風に話す年上の女性を知っている。わたしの大好きな人だ。



写真は天保山運河にて。
by konohana-bunko | 2013-08-06 22:23 | 読書雑感 | Comments(2)

『漢字百話』  白川静

c0073633_12573430.jpg
『漢字百話』 白川静 (中公文庫/2002)より、以下引用。

白川さんの本は、岩波新書の『漢字』に続いて2冊目。内容はもちろん、漢字のなりたちについて、いろいろ。ほお、そうなんや!知らんかった!がいっぱいで面白かった。

漢字のなりたちについて書かれているのと同時に、漢字が生まれた頃の、漢字のふるさとの人のくらしが描かれている。身体に入れ墨を施し、あらゆることについて常に神に伺いをたて、犬や人を生け贄として埋め、巫女に歌わせ舞わせまたそれを撲り犠牲にする。
例えば「口」は、ものを食べたりしゃべったりする口ではなく、神のお告げを受ける器のかたち……といった風に、文字から昔の人の生き方や思想をあきらかにしてゆく様子は、土器や遺跡から昔の人の生活を探ろうとするのに似ていると思った。

ブログに引用しようとすると、肝心の文字をどう表示させたらいいのかわからない。できる範囲で、ちょっとだけ引用。

〈畿は田土に対する清めを行う意であろう。幾は戈(か)に呪飾をつけて邪気を祓うことであるが、それで田土を清める。(中略)
近畿とは、このようにして祓い清められ、邪霊異神の住みつく恐れのないところである。〉

迂闊にも、この本を読むまで「近畿」の意味を知らなかった!近畿ってこんないい意味のことばだったんだ……。

〈愛は心のこりに後をふりむいて歎く形である。〉

〈烏は象形字であるが、その字形はふしぎに生気を失った形にかかれている。下体は力なく垂れ、何かに繋けられているようにみえる。烏を孝鳥などというのは後世のことで、この色黒く貪慾にして忌憚なき鳥は、古くから悪鳥とされていたことは疑いない。『詩経』にも「誰か烏の雌雄を知らんや」(小雅『正月』)と歌われ、名うてのやくざものにもたとえられる。作物を荒らす烏は、いまも農作地でよく行われるように、季節どきには殺して木の枝や縄にかけわたして、烏よけに使われたのであろう。金文にみえる烏は、どうみてもその悪たれ烏のさらされているすがたである。〉

〈読書を愛するものにとって、いくらかの知的開拓や緊張を伴わぬ読書は、読書というに価しない。〉

御意!



写真、蓮の花を撮りに行った時に出会ったカルガモ。畦道をこちらに向かって歩いて来て、右の田圃にぽちゃんとはまり、お尻をふりふり泳いでいった。
by konohana-bunko | 2013-08-04 12:09 | 読書雑感 | Comments(6)

読書の記録 文月

c0073633_11164454.jpg
『思い出トランプ』  向田邦子 新潮社
『ほほえみの首飾り』  美輪明宏 水書房
『心はゴムひも?!』  立花大敬 本心庵
『医者の世話にならない生きかた』  渥美和彦 ダイヤモンド社
『トリエステの坂道』  須賀敦子 みすず書房
『ふるさとは赤』(歌集) 三原由起子 本阿弥書店
『みんなのベロニカ』(絵本)  ロジャー・デュボアザン さく・え 神宮輝夫訳 童話館出版
『チューチューこいぬ』(絵本)  長新太さく BL出版
『ちいさな木ぼりのおひゃくしょうさん』(絵本) ダルグリーシュぶん アニタ・ローベルえ 星川菜津代訳 童話館出版
『生んでくれてありがとう』(絵本)  葉祥明 絵・文 サンマーク出版
『うさぎとおんどりときつね』(絵本)  レーベデフ文・絵 うちだりさこ訳 岩波書店
『おやすみなさい おつきさま』(絵本)  マーガレット・ワイズ・ブラウンさく クレメント・ハードえ せたていじ訳 評論社
『ぞうさんレレブム』(絵本) シュレーダー文・絵 矢川澄子訳 岩波書店
『漢字百話』  白川静 中公文庫
『うたのてんらんかい』(絵本) くどうなおこ・うた 長新太・え
by konohana-bunko | 2013-08-04 11:17 | 読書雑感 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧