<   2014年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

吹奏楽七人組

昨年夏の記憶。
田辺の南方熊楠顕彰館で見た「熊楠と海」という展示。
海浜植物フクドの標本は変色した新聞に包まれていた。

  大阪毎日新聞(休み知らず)明治四十年十月十七日

標本作成時の新聞だったのかどうか。
紙面の下の方には

楽隊用吹奏楽七人組 代償金二〇〇円 石原楽器店

などという広告が、ホルンとおぼしき楽器の絵と共に載せられていた。

by konohana-bunko | 2014-01-25 21:23 | 日乗 | Comments(0)

うたのおぼえがき

「うた新聞」2013年11月号 佐藤通雅 「水」15首より抄出

いよいよに激する雨に表裏ありその表何度も白く耀ふ

カレンダー一枚一気に剝ぎ捨ててまつさらな月をまなかひにする

スカートをはらりとあげてなにせむと見るに幼女は尿をはじむ

萬葉堂の匂ひのなかにエプロンの人ゐて本の汚れを削る

値崩れといふどころでない全集が締上げられて床に横ざま

いいところ突くでないかと読みたるはわが忘れゐし若き日の文

水はいい ますぐに落ちて光となり影すら生んで遠くへ流る

by konohana-bunko | 2014-01-12 19:30 | 読書雑感 | Comments(2)

『武蔵丸』を読む正月

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


年末年始、車谷長吉『武蔵丸』(新潮文庫)を読みながら過ごす。
短編の一区切りで、息抜きに解説をぱらぱらしていたら、奥付に書き込みがあった。
買った時は気づかなかった。
鉛筆で書いた、こどもの文字。

*年*月*日 母の日
お母さんへ、おべんとうはかえなかったけど、むさし丸はかえたよ。
Nより

Nくんのお母さん、大事な『武蔵丸』、ブに出しちゃだめじゃん!

by konohana-bunko | 2014-01-06 20:36 | 日乗 | Comments(2)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧