夏至

c0073633_22565444.jpg
長い昼が、夜に向かう。
# by konohana-bunko | 2018-06-24 22:57 | Comments(0)

ゆふべ水路を

c0073633_22131764.jpg
往きてかへりまた往き戻る日日のゆふべ水路を船はのぼり来  あとり
# by konohana-bunko | 2018-04-26 22:15 | 日乗 | Comments(0)

夕暮れの白い蘭

こどもの頃から、住宅街を歩くのが好きだった。
いろんな構えの家がある。表札の字体も違う。
自転車が停めてあったり、小学校の上靴を干している家もある。
中からテレビの音が聞こえてくる家もあれば、人の気配が感じられない家もある。
古い家の軒先に、手入れの行き届いた植木や花鉢があると
うれしくなって立ち止まって見る。
時に、犬に吠えられる。
c0073633_22195888.jpg

# by konohana-bunko | 2018-04-21 22:20 | Comments(0)

夕暮れの君子蘭

c0073633_20170565.jpg
君子蘭は、仕舞た屋によく似合う花だと思う。
# by konohana-bunko | 2018-04-16 20:17 | 日乗 | Comments(0)

Nさんがピースしていた

老人ホームの退所手続きのあと、持ち帰った母の荷物の中に、写真がある。ホームの職員の人が撮ってくれたもの。左端に夫、真ん中に入所して間なしの母、右端にわたしの三人が手をつないで並んでいる。それを大きく引き伸ばして、ベッド脇の壁に貼ってあったのだった。この写真、面会に行くたびに目にしていたわけだが、今回自宅であらためて眺めているうち、われわれ三人の後方に、とても小さく、もうひとりの人が写り込んでいることにはじめて気付いた。
ケアマネージャーのNさんだった。
Nさんは笑いながらピースをしていた。

# by konohana-bunko | 2018-03-16 22:21 | 日乗 | Comments(0)

何もないところを空といふのならわたしは洗ふ虹が顕つまで


by このはな文庫 十谷あとり
プロフィールを見る
画像一覧